メニュー
閉じる

診療科・部門案内 section

診療科・部門案内

心臓血管外科

末梢血管手術とは?

「閉塞性動脈硬化症」に対して行われる手術です。詰まった血管の血流を外科的に取り戻すもので、これには血管を切り開いて血栓を取り除き改善させる方法のほか、詰まった血管を自分の別の部分から採った静脈、あるいは人工血管に置き換えるものがあります。

軽度であれば、カテーテルを挿入して詰まった血管部分を拡げてステントを留置する、内科で行なう治療が有効です。さらに軽い場合は、内服とリハビリのみで改善する場合もあります。主の太い血管が詰まってしまっても、側副血行路と呼ばれる細い血管が延びていき、これが血流のバイパスを担う働きをします。この側副血行路の発達を運動によって促す方法が、当然もっとも身体に負担がかかりません。

対象疾患
どんな病気に対して行う手術か?
閉塞性動脈硬化症
その他の治療方法
同じ病気に対する、ほかの治療方法
運動療法
薬物療法
冠動脈カテーテル治療

閉塞性動脈硬化症の症状

軽い ← 症状 → 重い
手足が冷たく感じられる少し歩くと痛むが、休むと収まる安静にしていても手足が傷む手足に潰瘍ができる

閉塞性動脈硬化症の治療方法

運動療法側副血行路を発達させて、血行を改善する
薬物療法抗血小板薬や末梢血管拡張薬を服用する
カテーテル治療詰まった部分を風船で拡げ、ステントを留置して保つ
手術血栓を取り除く、またはバイパスを形成する

リスクや術後について

潰瘍ができるなど、特に重症である場合はすみやかに血流を増やす必要があるため、すぐにも手術が必要です。また、手術を行った後、ふたたびその部分に血栓ができてしまうケースもあります。

閉じる