メニュー
閉じる

診療科・部門案内 section

診療科・部門案内

検査科

葉山ハートセンター検査科理念

  • 安心、安全での質の高い検査サービスによって診療支援を行い、患者様の健康管理に貢献する。
  • 迅速、高精度、高度な検査を提供し、チーム医療への貢献を図り、葉山ハートセンターの高度先進医療を力強く推進する。
  • 検査技術、学術の研鑽を重ね、患者様と臨床現場の信頼に答えられるよう努力する。

検査科では、患者さんから採取した血液や尿などの検体を調べる検体検査と、心電図や超音波検査など患者さんの身体自体を調べる生理機能検査を行っています。迅速かつ正確に検査を行うことで、患者さんが適切な診療を受けられるよう努力するとともに、理念に基づき高度で先進的な医療を支えるため、それぞれの専門領域での知識の習得と技能研鑽を続けています。

検査項目

検体検査

生化学検査

血液中の成分を自動分析装置にて測定し臓器や体内の栄養状態を調べます。

感染症・免疫学検査

ウイルス感染症(B型肝炎、C型肝炎)やホルモンなどを分析し病気の有無を調べます。

血液学検査

赤血球・白血球・血小板等の数や形態を調べ、炎症や貧血、病気の有無などを調べます。

輸血検査

血液型検査(ABO血液型、Rh血液型)・不規則抗体検査(輸血や妊娠、移植により産生)・交差適合試験(輸血に伴う副作用を防止する為に行う検査)や、輸血を必要とする患者様の血液製剤の管理などを行っています。

一般検査

尿(尿路感染症や腎盂腎炎)、便(大腸癌など)、髄液(髄膜炎)・穿刺液
などを検査して体内疾患のスクリーニング検査を行ったり、細胞や成分を調べたりしています。

迅速検査

簡易キットを使い、短時間で原因病原体を検出する検査です。
インフルエンザ、レジオネラ、肺炎球菌、溶連菌、CDトキシンなどを調べます。

生理機能検査

心電図検査〈安静時、マスター負荷、エルゴメーター〉

心臓が収縮するときに発生する微弱な電気を波形にして記録する検査です。
不整脈、狭心症、心筋梗塞、心筋症、心肥大などを調べることができます。

24時間ホルター心電図

日常生活を送るうえで、不整脈や狭心症などが起きてないか、動悸や息切れ、胸の痛みなどの症状がある方は、症状が心臓に起因しているかどうか原因を探ることが出来ます。

ABI検査(血管伸展検査)

ABIとは足首と上腕の血圧の比のことで、動脈の狭窄や閉塞を評価し、動脈硬化の有無を調べます。

超音波検査(腹部、心臓、下肢、血管、乳腺)

超音波検査とは、様々な異なる周波数の超音波を利用し、臓器の異常を探す検査です。
放射線と異なり被ばくの心配がなく、体への負担が少ない検査です。

腹部エコー検査

脂肪肝・肝のう胞・腎のう胞・肝血管腫・胆石・胆のうポリープ・腎結石などの良性疾患・肝臓癌・胆のう癌・腎癌・膵癌など腫瘍性病変などが分かります。

心臓エコー検査

心臓の動きや大きさ、弁の状態、血液の流れなどを観察する検査です。
弁膜症、虚血性心疾患、心筋症、先天性心疾患などの診断に用いられます。

終夜睡眠ポリグラフ検査(PSG検査)

睡眠時無呼吸症候群であるかどうかを調べる検査です。

機械を持ち帰りご自宅でご自身で装着して行う簡易PSG検査と、当院に一泊して検査を行う 精密PSG検査があります。

閉じる