メニュー
閉じる

診療科・部門案内 section

診療科・部門案内

心臓血管外科

左室形成術とは?

心筋梗塞後、左室の壊死を起こして機能しなくなった部分を切除しつつ、残った健康な心筋で全体を小さくしながら再建する手術です。左室の容積を縮小することで負担を減らし、血流が送られる効率を上げることによって、心臓の機能の改善を図ります。
補助人工心臓や心臓移植の前の段階として、この手術が行われることもあります。

この左室形成術には「縦方向切開縫合法」「バチスタ手術(左室部分切除術)」「ドール手術」「SAVE手術」「オーバーラッピング手術」といった術式がありますが、総じて危険度の高い大きな手術であり、確かな技術と経験を持つ、かぎられた施設でのみ行われています。

対象疾患
どんな病気に対して行う手術か?
拡張型心筋症
心室瘤
その他の治療方法
同じ病気に対する、ほかの治療方法
植込み型補助人工心臓
心臓移植

リスクや術後について

心臓を小さくするだけであり、体内に異物が残らない点がメリットとして挙げられます。その反面、運動制限があること、再発が考えられること、小さく再建した左室が十分に機能を果たすかどうかについては不確かさが残るといったリスクも存在します。

閉じる