ハートブログ

ホーム > ハートブログ > 新型コロナウイルス感染症 亜急性甲状腺炎の合併

新型コロナウイルス感染症 亜急性甲状腺炎の合併

[ 新型コロナウイルス感染症 / 内科 / 医療情報  ]  当院からのお知らせ

2020.05.22

亜急性甲状腺炎という疾患があります。原因はわかっていないのですが、いろいろなウイルス感染と思われる上気道症状のあとに生じる甲状腺の病気です。発熱、頸部痛がおき、甲状腺ホルモンが急激に血液中にて増加し、そのため甲状腺機能亢進症状がでます。発熱のほかに、発汗過多、動悸、体重減少、全身倦怠感などがみられます。今回新型コロナウイルス感染症でも亜急性甲状腺炎と診断される症状を呈した患者さんがイタリアから報告されました。新型コロナウイルス感染症でははじめての報告だそうです。
患者さんは18歳の女性で、同居する父親が新型コロナウイルス感染症に感染し、濃厚接触者として調べたところ彼女も陽性(2月28日)、数日後に微熱、鼻汁と咳がでた程度で4日で症状は回復、陽性から2週間後の3月13日、14日と調べたところ陰性が確認された。ところがそれから数日後の3月17日に発熱37.5度、全身倦怠感、動悸、前頸部痛がみられ亜急性甲状腺炎が疑われて調べてみると甲状腺ホルモンが増加(FT4 27.2, FT38.7) 甲状腺刺激ホルモン著しく低下(TSH<0.04)これは典型的な甲状腺機能亢進のときのホルモンデータ異常である。WBC11200 CRP6.9、血沈1時間値90mm と炎症反応の増加を認めた。ただしこのときにはPCR検査は再検査されていない。亜急性甲状腺炎に対してはステロイドが使用されすぐに症状は改善したが倦怠感は、動悸がやや長く(それでも1週間)続いた。エコー検査では全体的に低エコーを呈する。
たまたまこの女性は1か月前に甲状腺の検査をうけていてその時は全く正常であった。よって今回の甲状腺の異常はやはりコロナウイルス感染症が関係していると思われると筆者は述べている。

このような流行期ではウイルスが関係しておきるその他の疾患も併発してみられることがあり、これからのこのような報告が増えるであろう。ということはこのような疾患があったときには新型コロナウイルスの関連も考えてPCR検査したり、家族など周囲の人の感染状況も確認する必要があるということであろうか。

参考文献  https://doi.org/10.1210/clinem/dgaa276

病気のお問い合わせはこちら

PAGE TOP