心臓病症状と治療

ホーム > 心臓病症状と治療 > 心不全

心不全心臓の働きが衰え、血液が身体に行き届かなくなった状態です。

心不全とは?

心臓の働きが低下して、血液の流れが滞った身体の状態のことを言います。その低下が急に生じたものを急性心不全、徐々に表れてきたものを慢性心不全と呼び、それぞれに種類も程度も異なります。また、血を送り届ける力が低下した場合と、全身のうっ血によって生じる症状と、これも症状がさまざまな形で表れます。

原因や関わりの深い病気

過労やストレスを原因に急性心不全に陥ることがありますが、心筋梗塞などの虚血性心疾患、拡張型心筋症、心臓弁膜症などを患っている場合によく起こります。また、慢性心不全が急に悪化し、急性心不全となるケースもあります。

原因や関わりの深い病気

治療の方法

生活療法や薬物療法で効果がない、あるいは進行してしまった場合は、補助人工心臓の植込みや心臓移植などの大きな外科手術が必要になることがあります。

治療方法

PAGE TOP