当院のご案内

ホーム > 当院のご案内 > 院長挨拶

院長挨拶院長より当院についてご説明いたします。

田中 江里 (院長)

田中 江里 (院長)

1992年 浜松医科大学 卒業
1992年4月 茅ヶ崎徳洲会病院、湘南鎌倉総合病院にて研修開始
1996年 湘南鎌倉総合病院チーフレジデント
1998年12月 1998年12月から2000年2月までNYコーネル大学、スローンケタリングがんセンター、カルバリーホスピタル(ホスピス)、NYホームケアにて研修
2000年2月 湘南鎌倉総合病院 血液内科 スタッフ
2004年 湘南鎌倉総合病院 血液内科 部長
2007年 湘南鎌倉総合病院 血液内科 副院長
2017年6月 2017年6月1日 葉山ハートセンター院長就任

資格

  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本血液学会専門医

所属学会・学会役員

  • 日本内科学会
  • 日本血液学会
  • 日本骨髄腫学会
  • 日本臨床腫瘍学会
  • 日本検査血液学会
  • 日本感染症学会
  • 日本サイコオンコロジー学会

院長挨拶

[院長] 田中 江里

皆様におかれましては益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
この度、6月1日付で葉山ハートセンターの院長に就任致すことになりました 田中江里と申します。
これまで葉山ハートセンターは、高度先進心臓病センターとして良質、平等で最善の治療を行う病院として運営してまいりましたが、時代の変化とともに提供する医療サービスを見直す時期であると考え、今後は、以下のサービスを充実させていく所存でございます。

1. 地域の一次救急としての役割

逗子、葉山の医療圏8万人前後の方々に対して、一般内科、救急を含めた医療を提供する。これについては、永続的にサービス提供ができるよう、湘南鎌倉総合病院の救急診療部と連携し、サポートスタッフの拡充を目指します。
まずは、日中の一次救急診療を定着させることから開始し、徐々に夜間、休日の対応もできるように院内の整備、人材定着を図ることとします。

2. 地域の亜急性期~慢性期の内科系の入院受け入れ

地域の介護施設や在宅介護をされている方々の入院診療、あるいは他院で急性期医療を受けられて、その後の介護施設などに移られるまでの間の診療を受けていきます。それらのベッドとして、まず25床前後を考えています。疾患としては、軽症から中等症の感染症(肺炎、尿路感染症、腸炎など)、脱水、食欲低下などが対象の症状となります。総合内科的な診療技術をもつ若手内科医師の協力を、湘南鎌倉総合病院の総合内科部門へ依頼しております。

3. 人間ドックの整備

風光明美な土地であり、これからオリンピックも控えて国際的にも知名度があがるこのエリアであることから、質の高いドック医療を提供し、海外の方々をこのエリアに呼びたい。そして、ここを訪れるリピーターを増やしたいと思っております。それに伴い、語学能力があり、サービス業などにも精通した新たなスタッフの補充を行い、ホスピタリティの向上に努めたいと考えております。

4. 心臓疾患の診療

これまで通り虚血性疾患(狭心症、心筋梗塞)、弁膜症、不整脈の診療は、継続していきます。医師数の減少に伴いサービスが低下したこともありますが、医師の確保に努力してまいります。

5. 町のヘルスケア相談窓口としての機能

小さい町であるからこそ、市の職員の方々と密なコンタクトをとり、また地域の開業医の先生と連携をして、地域に必要な医療、ヘルスケアサービス(医療だけでなく介護、介護用品、在宅支援など)をつなぐ相談窓口、コンピューターでいえば「検索サイト」の入り口になれるような機能を、病院に備えるように準備をしたいと思います。

今後の葉山ハートセンターの改革を地域の皆さんとともに実行していきたいと考えておりますので、ご支援の程よろしくお願い申し上げます。

2017年6月
田中江里

理念と方針について

PAGE TOP