診療科紹介

ホーム > 診療科紹介 > 不整脈センター

不整脈センター不整脈センターのご案内

診療内容

カテーテルアブレーション(Catheter Ablation)、ペースメーカー(Pacemaker)、心臓再同期療法(CRT)、植え込み型除細動機(IDC)や薬物療法を用いて、心房細動、心房粗動、WPW症候群、上室瀕拍、心室瀕拍、心室細動、房室ブロックや洞不全などのすべての不整脈を治療します。

不整脈センターの特徴

2006年より葉山ハートセンター内に開設された不整脈センターの特徴は心房細動の治療に重点を置いた点にあります。本邦には慢性心房細動患者が100万人、発作性心房細動患者が50万人以上いるといわれています。心房細動による脳梗塞は加齢とともに増加し、重症化することが多く、これまで、内科的には主に抗不整脈剤と抗凝固剤を用いて治療するしかなく10年前までは外科的なメイズ手術でしか治療できなかったのが現実でありました。しかし、1998年フランスのHaissaguerre(ハイサゲル)教授らが心房細動発生源の大部分は肺静脈およびその周辺の左心房後壁にあることを報告して以来、多くのカテーテルアブレーションによる心房細動根治治療が試みられています。肺静脈の電気的隔離術には多くのやり方がありますが、当院では4本の肺静脈のみならず、左心房後壁をも電気的に隔離をするいわゆるBox Isolationを行っています。この方法は食道への障害が低く、肺静脈の前庭部から発生する心房細動も抑制可能であることから再発率が低いことが特徴です。当院では一般的な電極カテーテルによるピンポイント法と高周波Hot balloonカテーテルによるアブレーションの二種類の治療法を選択しています。前者は現在セントジュードメディカル社製のNaVX(Velocity:version3.0)の最先端3Dマッピングシステムを使用し実際の3D-CTに極めて近似したバーチャルナビゲーションでの治療が可能となってきました(図 1)。これを使用することで、心房細動カテーテルアブレーションの治療がより高精度に短時間で行うことができます(透視時間:15-20分、手技時間2時間)。一方、高周波Hot balloonによる治療は当センター佐竹が12年前より開発を重ね度重なる動物実験とファントム実験により臨床でも使用可能となってきました。このカテーテルでは、バルーン内中心部に高周波通電用コイル電極と温度センサーが設置してあります。(図2 下:当院開発の高周波ホットバルーンカテーテル)高周波通電すると、バルーン中心部コイル電極と接触するバルーン内液に集中的に高周波電流が流れてジュール熱が発生し、バルーン内液を加熱して湯たんぽ状態と成します。バルーンは弾力性に富んだポリウレタン製で、標的組織への密着性がよく、直径25mmから33mmまで拡張しますから、通常法の10倍以上の面積を一度に焼灼します。すなわち少ない通電回数、短い手技時間とレントゲン透視時間で、全肺静脈を含む左心房後壁を隔離します。

この方法による治療は臨床研究として行われてきましたが、現在臨床治験とし全国の15施設が参加する多施設臨床治験がまもなく始まる予定です。当院では下図3にしめすように、全肺静脈のみならず左心房後壁を全部隔離しますので、肺静脈隔離のみより治療成績はよく、1セッションで発作性心房細動の患者87%を、持続性心房細動の70%を治します (文献 1)。現在まで約600例の当balloonでの治療経験を有し、463例での長期成績、合併症(脳梗塞、食道潰瘍、肺静脈狭窄)に関する発表を2011年アメリカ心臓協会(AHA)(図4)と2012年日本循環器学会にて行っていますが、従来法よりよい成績です。

最後に2006年当不整脈センターの開設以来のカテーテルアブレーション件数の変遷を示します。心房細動の根治治療を希望される患者様方は年々増えてきており、ひとつのカテ室のみでの治療には限界がありましたが、ついに2015年6月より二つ目の不整脈治療専門のカテ室稼働を開始しました。また、その部屋には国内で二例目となるフィリプス社製の最新X線透視装置が設置され心房細動のカテーテルアブレーションの際に非常に有意義な情報が提供され、さらに安全な診療が可能となりました(図6)。

図1 Velocity version3.0

食道の前面を極力焼灼しないようにしています。

図2 高周波Hot balloon カテーテル

図3 (CARTO Systemによるbox isolationの確認:Voltage mapping)

0.02mV以下の低電位領域は赤く表示されています。

図4(文献2)

図5 カテーテルアブレーション実績

文献(1)Sohara H, Satake S, et al. Feasibility of the Radiofrequency Hot Balloon Catheter for Isolation of the Posterior Left Atrium and Pulmonary Veins for the Treatment of Atrial Fibrillation、Circ Arrhythmia Electrophysiol. 2009; 2: 225-232.

文献(2)Yamaguchi Y, Sohara H, Takeda H, Satake S. Avoiding cerebral embolism during ablation of atrial fibrillation by the use of radiofrequency hot balloon catheter. Circulation 2011;314:4049 (Abstract).

図6 最新X線透視装置

PAGE TOP