診療科紹介

ホーム > 診療科紹介 > 循環器内科

循環器内科循環器内科のご案内

循環器内科のご案内

循環器内科とは循環器疾患(心臓血管疾患)の内科的診療を行う部門です。
特に虚血性心疾患の診断とカテーテル治療がその中心です。その他心臓弁膜症、心不全、心筋症、心筋炎、心外膜炎、感染性心内膜炎、肺塞栓症、下肢閉塞性動脈硬化症、腎動脈狭窄症、下肢静脈血栓症なども診療の対象です。これらの疾患を正しく診断し適切に治療するためには、血液検査、心エコー図や心臓CT検査、心臓カテーテル検査などの画像診断、心電図や運動負荷試験などの生理検査を適切に駆使できることと同時に、心臓血管作動薬、ひいては抗生剤の使用方法にも習熟していることが極めて重要です。

急性心筋梗塞に対しては24時間365日の緊急治療体制をとっており、来院から90分以内に閉塞した冠動脈を再開させることを目標としています。

最近では睡眠時無呼吸症候群と心臓血管疾患の関連が明白となり、その診断と治療にも取り組んでいます。

薬剤の臨床研究や治験にも積極的に参加しており、最近では東京大学医科学研究所との共同研究であるワーファリンのSNP解析による用量設定の臨床研究や、新しい抗血小板薬であるチカグレロル、新しい経口抗血栓薬であるリバロキサバンの世界治験に参加しています。

胸痛や背部痛が急に発症した場合には、その原因を正確に診断するのが重要です。その原因の代表は急性心筋梗塞ですが、同様の症状を呈する重大な原因として急性大動脈解離、肺塞栓症、気胸、肺炎、胸膜炎、急性胆嚢炎、胆石発作、などがあります。これらを正確に鑑別しなければなりません。急性心筋梗塞の場合には症状が出現してから2時間以内にカテーテル治療が完了すれば心臓の後遺障害が残らないことが期待されますので、これまで感じたことのないような症状が出現した場合には、直ちに医療機関を受診して正しい診断を受けなければなりません。その状況下では時間の余裕はほとんどないに等しく、無駄な時間を過ごさないためには治療が完結できる医療機関を最初から受診すべきです。また、急性大動脈解離の場合、上行大動脈の解離の場合には緊急手術が必要になります。診断されたから転院する場合にも時間の浪費と急変の危険性を伴いますので、治療が完結できる医療機関での胸痛、背部痛の鑑別診断がいかに重要か強調しておきたいと思います。

当院の強みは、受診当日に直ちに血液検査、心電図、心エコー図、心臓CT検査を行い、その場で結論を出せる点にあります。普段お近くの医療機関に通院中の方が急な症状が出た場合に、重大な心臓発作を否定するためにも当院を活用していただきたいと思います。

また、急性心筋梗塞を発症した患者様の7割は初回発作です。つまり、初めて感じた症状が心筋梗塞だったという方のほうが多いわけです。この状況で前述のように発症2時間以内に治療を完了するためには、普段からいかなる場合にそれを疑い、万一その場合にどのように行動するかを学んでおくことが望まれます。これまでは患者様が医療機関を受診してから90分以内に、閉塞した冠動脈を再開通させることが目標でしたが、更に予後を改善させるために患者様が胸痛を感じてから医療機関を受診するまでの時間をいかに短縮するか、が次の目標となっています。

医師紹介

上野 秀樹 (名誉院長)

1990年 九州大学医学部卒業
1990年 九州大学医学部循環器内科入局
九州大学医学部付属病院、沖縄県立中部病院、九州厚生年金病院、山口赤十字病院、湘南鎌倉総合病院を経て
2000年 葉山ハートセンターの開設に参加
2011年1月 病院長に就任。その間米国Joint Commission International(JCI)による認証を獲得する。
2014年11月 名誉院長に就任

専門領域

心臓血管疾患一般、特に虚血性心臓病の診断とカテーテル治療

資格・学会

  • 日本内科学会
  • 日本循環器学会
  • 日本心血管インターベンション治療学会
  • 日本心血管画像動態会評議員

言語

日本語・英語

雨宮 浩 (非常勤医師)

信州大学医学部卒業
信州大学第一内科入局
東京医科歯科大学第二内科入局
1994年土浦協同病院内科科長
1998年土浦協同病院内科部長
2003年より葉山ハートセンター循環器科部長

専門領域

虚血性心疾患の診断と治療(心臓カテーテル検査、並びに冠動脈インターベンション)

資格・学会

  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本循環器学会循環器専門医

PAGE TOP