メニュー
閉じる

当院のご案内

当院のご案内

院長挨拶

院長より当院についてご説明いたします。

葉山ハートセンター 田中 江里 院長

田中 江里 (院長)

1992年 浜松医科大学 卒業
1992年4月 茅ヶ崎徳洲会病院、湘南鎌倉総合病院にて研修開始
1996年 湘南鎌倉総合病院チーフレジデント
1998年12月 1998年12月から2000年2月までNYコーネル大学、スローンケタリングがんセンター、カルバリーホスピタル(ホスピス)、NYホームケアにて研修
2000年2月 湘南鎌倉総合病院 血液内科 スタッフ
2004年 湘南鎌倉総合病院 血液内科 部長
2007年 湘南鎌倉総合病院 血液内科 副院長
2017年 2017年6月1日 葉山ハートセンター院長就任

資格

  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本血液学会専門医

所属学会・学会役員

  • 日本内科学会
  • 日本血液学会
  • 日本骨髄腫学会
  • 日本臨床腫瘍学会
  • 日本検査血液学会
  • 日本感染症学会
  • 日本サイコオンコロジー学会

院長挨拶

2017年6月に葉山ハートセンターの院長に就任しこれまで約5年にわたり病院経営に携わってきました。
この5年間やってきたこと、そしてこれから皆様に提供していきたいことをここに述べたいと思います。

1. 地域における一次救急としての機能を担う

逗子、葉山の医療圏約9万人の方々に対して一般内科、一次救急を含めた医療を提供することを目標に、常勤の救急医を採用し救急を受け入れてまいりました。

また2019年10月に脳神経外科医、2022年1月には外科医も採用しました。脳梗塞が疑われる症例、縫合や外科治療が必要な診療も行うことができるようになりました。

2021年9月にはCTを新しくし、読影の専門医もおりますので、着実な画像診断から治療につなげられるようになりました。

高齢者の発熱などの入院は数多く受けており、それまで遠方の病院に行かざるを得なかったところから地域で治療を受けられることで家族の負担も軽減できていると思います。

小さい病院にすべての専門医を用意することはできませんが、当院で受けられる救急は受けて当院に入院とし、専門的な医療が必要なものについては湘南鎌倉総合病院との連携を行ったりこの三浦地域における病院にご紹介させていただいています。連携診療はこれからの医療においてキーワードとなります。まだまだ当院が心臓以外の疾患も診ているということをご存知ない方もいらっしゃいますので、広報にも努めていきたいと思います。

2. 地域における亜急性期の入院受け入れ

この地域では在宅にて家族の介護をしていらっしゃるかたも多くおられます。それらの方々が少しでも長く介護が続けられるように、また急なことがあって介護のサポートが得られない場合などに短期入院にご協力させていただいています。またがんの末期の方で他院での治療から地域に戻られた方、行先がなく困っている方、自宅で診られない方などのご相談にも応じております。

3. 心臓疾患の診療

心房細動は年齢とともに頻度が増加する不整脈の一種で、脳梗塞の原因ともなりますし長期的には心機能低下の原因にもなります。

当院で佐竹医師が開発したホットバルーンという心房細動に対するアブレーション治療を不整脈チームでおこなっています。(ホームぺージで紹介していますのでご覧ください)

また高齢化に伴いこれからは心不全のパンデミック時代だともいわれています。かつて心臓手術をうけた方々も心不全を併発してきたり、あるいは抗がん剤などの薬剤がもとで心不全になる方もいます。それら心不全治療、虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)の診療、心臓外科手術も続けておこなっています。

4. 健診、人間ドック

2017年から一度中止していたドックを再開し、また町の健診が当院でも受けられるようにしました。

またこの地域では全国平均よりも乳がん検診、婦人科検診の受診率が低いことから、2021年6月にマンモグラフィーを設置し乳腺外科の非常勤医を雇用して乳腺の問題にも対応できるようにしました。乳がん、婦人科がんの早期診断をめざします。

またこれからは未病の時代です。がんも早期に発見し治療に結びつけば一部は慢性的な疾患になりつつあります。かつて抗がん剤治療を受けたことがある方、がんの家族歴がある方、そして社会的に大きな役割を担っておられる方はぜひとも人間ドックをすすめたいと思っています。運転をされるかたの脳ドックもまだまだ進んでいない分野です。これら健診、ドックをこれからもっと地域の人に受けていただけるように広報を進めていきます。

5. 地域との結びつき

逗葉医師会の活動に参加するとともに葉山町役場とも密接な関係をとりながらどのような役割を当院が求められているか情報共有を行っています。消防署への訪問も毎月行っています。

先ほど述べましたように、マンモグラフィーは地域からの要請があり導入しました。

またこの度の新型コロナウイルス感染症では、地域のPCR検査センターへのスタッフ派遣、ワクチン接種センターへの医師派遣、当院でのワクチン接種、発熱外来を行っています。

一般の方々にむけては公開講座を毎月様々なテーマでおこなっています。最近はWEBで行っていますが、コロナ前は高齢者の集まりなどに出かけ無料で出張講演を行いました。医師だけではなく、看護師やリハビリスタッフなども講演をしています。

これからの展望

1. 病診連携の新しい形

地域の先生方との結びつきをこれまで以上に強くして当院の検査機器、人員も含めたリソースを使っていただこうと考えています。

例えば

  1. CT,MRIなどの機器を使っていただき、放射線科医のレポートも早く出し、診療に役立てていただく。
  2. 訪問診療の先生方との連携を深め、増悪してからではなく早めに短期入院して多剤薬剤の見直し、心不全治療、血糖管理などを行う。そのための情報交換会を定期的に行う。
  3. 湘南鎌倉総合病院の救急受診の患者さんで入院治療が必要で当院で対応できそうな方を受け入れることで救急診療の逼迫を防ぐ
  4. 栄養士、薬剤師などの人的リソースを訪問診療と結び付け、在宅でも栄養指導、薬剤指導が受けられるようにする。
  5. オープンベット体制や、当院以外の先生の患者さんを診療に来ていただく制度はまだ日本では進んでいない。

そのためにスタッフの地道な地域まわりをおこなっていきます。

2. 脳外科診療の発展

脳卒中の診療はアメリカに比べると日本ではまだ急性期の診療体制整備が遅れているとされています。国もここに重点的な目標をかかげて2019年12月に<脳卒中・循環器対策基本法>が施行されました。脳卒中急性期診療のできる医師を採用し、この三浦半島にて緊急の脳卒中診療ができる体制を整えてまいります。

3. 循環器科の安定した体制

当院で佐竹医師が開発したホットバルーンは安全に効率的に心房細動を根本的に治療する画期的なものです。テレビ放映もされています。症例数も増え、若いスタッフも増えました。これからも多くの患者さんにこの技術を知っていただきたいと思います。

また最近では冠動脈のカテーテル検査は全国的に見ても減る傾向がありますが、冠動脈CTを用いつつ本当に必要な方に適切な基準で行っていきます。

心不全患者がこれからますます増える中で、適切な服薬管理、患者指導をしていきます。

4. 外科 肥満に対する胃切除手術

2022年1月に外科医が入職しました。消化器外科の専門でありますが、海外で高度肥満に対する胃切除術を学んできており、それを当院で実際できるように準備をすすめています。ホームページや公開講座で情報発信していきます。

5. 高齢者血液疾患の治療、緩和ケア

私の専門分野である血液疾患は治療薬の発展により慢性的に長期に治療を要する患者さんが増えてきました。そして80-90歳でもある程度の治療をすることも多くなりました。完全治癒をめざすのではなく合併症を最小限にしながら病気と<共存>できる血液疾患診療を提案していきます。

閉じる