スタッフブログトップ ブログトップ

葉山ハートセンター ブログ


掲載日付:2021.05.15

カテゴリ:[ 葉山情報 ]

葉山町は女性管理職が多い

2021年5月15日付の日経新聞朝刊に、地方での積極的女性登用が進むということが取り上げられていました。知らなかったことですが、西とくに中国や四国、九州で女性の管理職比率が高まっているそうす。とくに徳島県では課長級以上につく女性割合は官民あわせて20.1%にもなるそうで、女性社長、女性企業家も多いそうです。徳島県では1995年に女性経営者の集まり<阿波女おきんど塾>が発足しその団体代表のかたが市長になられたり人材発掘につながったり商工会などでも女性が活躍しています。そこには人口減少からくる危機感があるとのこと。長い年月をかけた取り組みと危機感が結果を結び始めているということだと思います。さて関東は?といいますと、関東一都6県と山梨県での市区町村で管理職につく女性の比率は2015年の国勢調査をもとにランキングされた記事ものっていました。そこに<葉山町>をみつけたのであります。12位で21.9%でした。ランキングには東京都が多く11区が30位以内に入っていましたし、また6位に鴨川市、8位に箱根町がはいっていました。女性、男性とわけるという意識でなく、いろいろな場面で両性が活躍できるようにすることが様々な問題を解決sるブレイクスルーになりうるということだと思います。

掲載日付:2019.10.22

カテゴリ:[ 葉山情報 / 富士山 ]

今年の富士山 初冠雪と金木犀の香り

当院からは富士山がとても美しくみえます。今年はいつまでも20度を超える日が続き、秋がこないな~と思っていましたが、富士山の初冠雪のニュースが流れました。例年より22日も遅いそうです。台風19号のあと、涼しく感じられる日がでてきました。きんもくせいが待っていたかのように香り始めました。例年9月の終わりにはにおっていたのに、今年はこんなにも遅れています。

掲載日付:2018.09.21

カテゴリ:[ 葉山情報 / 葉山ハートリバイバル / 院長個人 / 地域医療 ]

葉山地域の開業医の先生との懇話会


葉山の地域で内科系で開業されて訪問診療もされている先生と情報交換をする会があり、ご一緒させていただきました。おひとりの先生のクリニックでの会合。なんとも素朴ですが、本当に顔と顔がみえる関係です。当院の現状などをお伝えし、医師会の状況、困っていることなどをざっくばらんに話をしました。ターミナルケアでは最後にはいる病院を契約していることがあってもなかなかぎりぎりまでいれてくれなかったり、短期の入院はうけてもらえないことなど、訪問診療をされる中で困っていることをききました。国、そして地域も在宅医療を推進するうえでは後方支援(いざという時の入院、対応のできる病院)がかかせません。しかし急性期に病院はなかなか受けてくれない。家族のレスパイト(休憩)も必要だけれどもそれも急性期病院では難しいことが多いです。小さい地域であるからこそ、我々の病院が協力できる点はあると思います。顔と顔がみえる関係から、互いに信用して行える医療はあると思います。ターミナルといっても人の予後は本当に予測不可能なことは多々ありますから、病院と家をいったりきたりすることもあります。
これまでは心臓の病院で<ハートセンター>だったけれど、地元の人にとってやさしい<ハートフル>な病院になってきたと患者さんからいわれたと教えてくださいました。これからも町の人にいざというときには相談してもらえる病院となるように努力していきます。応援よろしくお願いいたします。

掲載日付:2018.09.10

カテゴリ:[ 葉山情報 ]

葉山からみる相模湾に大きな虹がかかりました。


この日9月10日 朝7時くらいから8時くらいまで  葉山ハートセンターの目の前に広がる相模湾に大きく虹がかかりました。そしてそれがよくみると2重にかかっていました。おもわずカメラを取り出して、私もスタッフも患者さんも、すぐに消えてしあうその姿をカメラに収めました。虹ってなかなか大きくとれないですからね。海にかかる半円の虹をみたのは初めてでした。

掲載日付:2018.08.18

カテゴリ:[ 葉山情報 / 院長個人 ]

葉山三ヶ岡山緑地を歩いてみました。


葉山にはこんもりとした山がいくつもありますが、病院から眺められる大峰山は徒歩でいけるハイキングコース。一度いってみようとでかけてきました。134号線御用邸近くのセブンイレブンの道路向いに拝金後コース(つつじコース)入り口があります。そこから登って登っていき、息がきれてそろそろ休み休み登っていくと、平になりそこから尾根伝いに歩く感じ。せみがうるさいほどないていました。そこを抜けて出た頂上広場はとても眺めがよく写真にあるように遠く江の島が見渡せ葉山の町が見下ろせます。さらに歩をすすめると下の一色海岸からの海水浴客のキャーキャー言う声が響いてきました。そして急な階段をおりていくと熊野神社におりました。約50分くらいのコースでした。この山は病院からみると霧の多いときなど、山の頂上付近が野球帽子をかぶったように雲がかかります。きっと歩いている山頂の道も霧に覆われるのであろうと想像しながら歩きました。


menu close

スマートフォン用メニュー