診療科・部門紹介

ホーム > 診療科・部門紹介 > 循環器内科 > 冠動脈インターベンション(バルーン拡張術・ステント留置術)

冠動脈インターベンション(バルーン拡張術・ステント留置術)###心筋梗塞に対して用いる、狭くなった冠動脈を拡げる治療です。

経皮的冠動脈形成術(PTCA)

経皮的冠動脈形成術(PTCA)

経皮的冠動脈形成術(PTCA)は、狭くなった冠動脈を血管の内側から拡げるために行う低侵襲な治療法で、経皮的冠動脈インターベンション(PCI)とも呼ばれます。
手術の場合は下肢の大腿動脈又は上肢の橈骨動脈や上腕動脈から「カテーテル」という細い管を挿入し、大動脈を通過して冠動脈の狭窄部まで進めて治療を行います。

バルーンカテーテルを冠動脈に挿入し、先端にあるバルーン(風船)を拡張して狭くなった冠動脈を拡げる手術です。

経皮的冠動脈ステント留置術

経皮的冠動脈ステント留置術

動脈形成術後の再閉塞や再狭窄のリスクを低減させるための治療です。ステントという拡張可能なメッシュ状の金属の筒を血管に留置して、血管の開通性を保持し再閉塞を予防します。留置術後、ステントは冠動脈内に留まり血管を支え続けます。

「バルーン血管形成術」と「冠動脈ステント留置術」が同時に行われる場合もあります。

PAGE TOP