ハートブログ

ホーム > ハートブログ > 高齢者の造血機能(血液つくる能力)

高齢者の造血機能(血液つくる能力)

[ 内科 / 血液疾患 ]  当院からのお知らせ

2018.07.06

高齢者になると貧血になることも多くなるといわれたが、そもそも血液作る能力はどうなのですかと貧血の患者さんから質問があった。

血液の細胞成分は骨髄で作られるがその大もとが造血幹細胞である。成人の造血幹細胞は細胞周期のG0期にほとんどがあり自己再生力があり、血液細胞を必要な状況になると(出血したり、大きな感染症になったりすると)細胞を再生する。幹細胞の数は年取ったマウスでは2倍になっているという。そのため個々の幹細胞の機能は年齢とともに様々な理由で低下してもトータルでは造血能力は保てるようにしているわけである。造血をする骨髄部分(椎体、腸骨、胸骨が多くなる)では年齢とともに造血細胞よりも脂肪成分が増えてくる(これを脂肪髄という)。造血する部分がまだらになるのである。しかし刺激がはいってくればそこで細胞増加する能力は保たれている。ただ造血細胞が分化(成長)して血液中にでていくためにはいろんな物質やその他の細胞に支えられるのであるが、そのサポートが少ないことが年老いた骨髄ではみられるそうだ。
また年齢とともに大きくかわるのがリンパ球への分化が減るということ。特にB細胞への分化が減るそうである。と同時に骨髄球(将来細菌と闘う好中球になる成分)系は年齢とともに増加するそうである。これは高齢者になると感染症に対して対応する場面が増えてそれに対応しやすくするためかもしれないという。(参考文献  Hematology in clinical pratice  ,  fifth edition  McGraw Hill )

 

赤血球はどうかというと、年齢とともに腎臓で産生されるエリスロポエチン(赤血球の造血を刺激するホルモン)が産生低下したり反応性が低下したりして赤血球の造血が低下する傾向はあるという。造血幹細胞の自己複製が低下するという説やアンドロゲンが減ることで造血能の低下がみられるという報告もある。(日医雑誌 第147巻 第4号 737-740)

月別投稿一覧

ブログ内検索

  • JCI認証取得
  • [心臓血管外科]後期研修終了予定の若手医師募集!
  • 徳洲会グループ共同治験審査委員会
  • 徳洲会グループ共同倫理委員会
  • 未来医療研究センター
  • [徳洲会]医師・看護師人材センター
  • 人間ドック・各種健診

PAGE TOP