ハートブログ

ホーム > ハートブログ > 若手医師のための360度評価

若手医師のための360度評価

[ 内科 ]  当院からのお知らせ

2018.07.16

 

 医師の評価について

色々と意見があるかもしれません。

 

 知識や技術を研鑽し続ける姿勢も大切であるが、

先輩だけでなく後輩医師から、および多職種からの評価もとても大切である。

 

 若い医師にって研修中こそ

先輩、後輩医師、および多職種からの360度評価によるフィードバックを信頼関係が構築された先輩(メンター)から受けると良い。

定量評価でなく、あくまで定性評価であり各々の成長のために行う。

もともとは海外、主にアメリカで行われていた評価方法であったが、日本内科学会も専攻医登録評価システムに取り入れていく方向になってきている。

 

 教育環境をより良いものに向上する教育環境をより良いものに向上するために

360度評価は日本でも当たり前の文化になっていくことが期待されます。

 

 葉山内科・GIM

 

月別投稿一覧

ブログ内検索

  • JCI認証取得
  • [心臓血管外科]後期研修終了予定の若手医師募集!
  • 徳洲会グループ共同治験審査委員会
  • 徳洲会グループ共同倫理委員会
  • 未来医療研究センター
  • [徳洲会]医師・看護師人材センター
  • 人間ドック・各種健診

PAGE TOP