ハートブログ

ホーム > ハートブログ > 糖尿病患者さんに対するStigma

糖尿病患者さんに対するStigma

[ 内科 / 医療情報  / 社会問題 ]  当院からのお知らせ

2021.03.27

最近WEBでの講演会がよりどりみどりであり総合診療的な講演も多いのできくとほかの領域の新しいこともアップデートできてとてもおもしろい。はまってしまっている。
さてその中で3月1日にきいた<糖尿病患者さんのStigmaとAdovocacy>という関西電力病院の山田祐一郎先生のお話しが目新しく考えさせられたので共有してみたいと思います。
Stigmaとは何かというと日本語では<烙印>という言葉があてはまるかと先生はいう。私たち医療者が患者さんに<糖尿病>というステレオタイプなレッテルをはり、そして差別をし社会的に阻害することで患者さんが自信をなくしたり病院にいかなくなったりすることでコントロール不良になるというのだ。これまでは患者さんの血糖コントロール、合併症管理という患者さんばかりに目がむけられていたところから、治療する側、社会に視点がおかれている。そのような領域に糖尿病学会では2019年から目をむけているという。私は新しい発想でありでもこれは正しいことであり すごいことだ!と思った。
確かに私たち医療者は偏見はもっていないつもりでも、糖尿病のかたに対して、食べちゃっているからとか、薬をしっかりのんでいないはずとか、動きが悪いとか、そういうレッテルをはってしまう。手術のとき、感染症の時に、糖尿病だからあなたの治りは悪いです、感染しやすいです、とあたかも責任逃れをするように合併症のおこりやすさを説明してしまったりする。あるデータをすべてそれがその目の前に患者さんにもあてはまるかのように話していることが多い。それを医療者がまずそうしないでいくこと、社会も差別、偏見をもたないようにする啓蒙活動にとりくんでいくということを学会としてすすめていくそうだ。これはAIにはできないことだろうなと思いつつ、ほかの領域でも、例えば認知症もそうであろう。そういう領域にも同様のStigmaをなくしていく取り組みが必要だ。私たち医療者がなにげなく患者さんにつけているStigma,それについて考えさせられた。

病気のお問い合わせはこちら

月別投稿一覧

ブログ内検索

  • JCI認証取得
  • [心臓血管外科]後期研修終了予定の若手医師募集!
  • 徳洲会グループ共同治験審査委員会
  • 徳洲会グループ共同倫理委員会
  • 未来医療研究センター
  • [徳洲会]医師・看護師人材センター
  • 職員専用講習会受講システム

PAGE TOP