ハートブログ

ホーム > ハートブログ > 痛風と心臓血管系疾患の関連

痛風と心臓血管系疾患の関連

[ 内科 / 医療情報  ]  当院からのお知らせ

2018.05.30

DSC05224痛風になる人は狭心症になりやすいですか?という質問をうけました。確かになんとなくそんな気がしてしまいがちです。痛風になりやすい人は美食家だったり、アルコールたくさんのんだり、脂質が高めだったり・・・という偏見もあるのですが、本当にそうなの?ということで調べてみました。
実際研究からもそのようなデータがでているようです。2013年にイギリスからだされた20万人のデータをもとにした研究では、痛風のかたはそうでないかたの2倍の心臓発作や脳卒中のリスクをもつそうです。(Rheumatology,vol52,Issue 12,2013,2251-2259)  また痛風の人の頸動脈エコーをすると、頸動脈にプラークがみられることが多くて、エコーをすることで標準的な血管病リスク評価より悪い評価になる人が多くなるという。評価がvery high-riskになる人が46%から68%に跳ね上がるらしい。(Annals of the Rhematic Disease2017;76:1263-1268) 。以上から痛風発作を起こした人は、心臓疾患予防のための栄養管理や適度な運動を心掛けたほうがよいですし、頸動脈のエコーをして血管の評価をしてみたほうがよいかもしれません。

月別投稿一覧

ブログ内検索

  • JCI認証取得
  • [心臓血管外科]後期研修終了予定の若手医師募集!
  • 徳洲会グループ共同治験審査委員会
  • 徳洲会グループ共同倫理委員会
  • 未来医療研究センター
  • [徳洲会]医師・看護師人材センター
  • 人間ドック・各種健診

PAGE TOP