ハートブログ

ホーム > ハートブログ > 新型コロナウイルス感染症に思うこと 院内感染の恐怖

新型コロナウイルス感染症に思うこと 院内感染の恐怖

[ 内科 / 医療情報  ]  当院からのお知らせ

2020.04.15

新型コロナウイルス感染症の患者さんが増加するにつれて、院内感染も増加しています。病院で勤務している我々からして院内感染は恐怖です。一つは働いている自分の身も、そして同時に仲間の身も、そして患者さんの身も。そして大切なことは院内感染が広がってしまったら病院の機能が保てなくなることです。これは確実に医療崩壊に広がります。

私たちの病院では日々<院内感染をおこさない>ということを職員全体に徹底してメッセージを伝えています。職員の手洗いの徹底は当然のことながら、病院玄関での患者さんの様子をうかがい熱があるかたは待合を別にすること、フロント、薬局窓口にはビニールのたてを作り職員のフェイスシールドを指示しました。また1日3回換気時間を設け放送して皆で実行しています。またあいた時間に複数の人が触る、取っ手、手すり、ドア、トイレ、エレベーターボタンなどを頻回に消毒しています。患者さんが座る椅子も間隔をあけるようにし、マスクをしていただいています。外来では患者さんの院内滞在時間を少なくするために薬だけの処方、採血しても結果前に帰るなどの対応をし処方日数を多めにして次回くる日をあけるようにしています。職員の感染予防には、食堂での滞在時間を短くして会話をしないようにする、休憩室でもマスクをして会話を控えめにする、パソコンのキーボードを触る前、触ったあとの消毒、ナースステーションで密にならないようにする、会議を短くするなど様々な対策をしています。そして家族の面会制限をさせていただいています。
なんとしてもこの病院の今ある機能を保たせるため職員一同努力しています。

病気のお問い合わせはこちら

PAGE TOP