ハートブログ

ホーム > ハートブログ > 新型コロナウイルス感染症に思うこと  PCR検査

新型コロナウイルス感染症に思うこと  PCR検査

[ 内科 / 医療情報  ]  当院からのお知らせ

2020.04.22

2020年4月に入り新型コロナウイルス感染の患者数が増えるにつれて若い人の増加、それに伴い家族内感染が増えている印象をもつ。若い人は熱もでないで味覚障害、嗅覚障害だけのかたもいる。これだけではまずPCR検査してもらえない。また明らかな濃厚接触者であっても発熱なければ自宅待機してといわれてPCR検査してもらえていない人もいる。若い人はそれでもいいかもしれないが、よほど注意しなければ家族内感染、友人たちへの感染が広がる。そこに高齢者の人もいたり、免疫不全のかたもいたり、あるいは若い医療関係者も含まれるわけだ。院内感染を防ぐために私たちは職員の勤務外での外食や外出先にも注意することを強く求め、同居する家族の体調にも気を配るように話している。

これからは医療関係者の発熱、軽症状の人たちの管理をどうするか難しくなる。数日自宅で待機させるにしてもその後どうするかの判断にPCRを使用したい。また入院中の患者さんが肺炎なくても発熱が続いていたら・・・・ やはりいつまでも隔離できないからPCR検査したい。そのようなときに検査を自由には行えないのだ。昨日の医師会の会合では、開業の先生が自分なりにレントゲンもとってあやしいと思って紹介しても50%くらいしかPCR検査をしてもらえず、患者のフォローもしてもらえない。そのかたがまた症状が改善せずにクリニックにくることになり感染を広げるリスクが高くなると困っておられた。

ただPCRがすべてではないことをしっかり理解することも大切である。ノーベル賞受賞者本庶佑先生はもっとPCR検査をすべきだと提言されているが、本日のテレビ番組プライムニュースでいっておられたこと、<PCR検査は陰性であっても今回は問題がないということをいえるだけであること、陽性の時に意味がある検査なのだと理解するべきだ>といっておられた。

早くPCR検査が医師が必要と判断した場合に、自由に出せるようになることを強く希望します。

病気のお問い合わせはこちら

PAGE TOP