ハートブログ

ホーム > ハートブログ > 左心系の心内膜炎の抗生剤投与が途中から内服薬にできるか?

左心系の心内膜炎の抗生剤投与が途中から内服薬にできるか?

[ 内科 / 医療情報  / 循環器 ]  当院からのお知らせ

2018.09.02

心内膜炎は歯の治療後などにおきた菌血症が原因で心臓の弁に菌塊が付着しておきる感染症である。決してまれではなく発熱の鑑別診断として常に考える疾患であり、弁が破壊されて心不全兆候が強くなったり、菌が全身にとんで全身症状をきたしたり、あるいは塞栓(臓器につまる)症状をおこしたりする。脳梗塞、腎梗塞、脾臓の梗塞などをきたすこともある。心臓外科的な手術を要することも多い。
さてこのような重篤な疾患の治療の主体は抗生剤である。左心系におきたときには、通常6週間の抗生剤を点滴で行うとされるため入院期間が長くなる。重篤な時期は最初の時期が中心で、安定してくれば元気なのだが抗生剤の点滴というのがネックになり長期入院して精神面、体力面の低下がおきる。これを途中から内服にできないかという研究をした論文が発表されて話題になった。
 左心系心内膜炎の患者さん400人を対象に、199人は6週間の静脈注射で、201人は最初に静脈注射で(少なくとも10日以上)はじめてその後内服治療へと変更する群にわけた。内服で安定していたら外来通院とした。それらの人が全死亡、予定外の心臓手術、塞栓症、菌血症の再燃がどうなるかを6か月後まで評価した。そうしたところ、それらがおきた例は静脈注射群で12.1%、内服群で9%で、心臓手術も増えなければ塞栓症も菌血症再燃にも差がなかった。以上から標準的な6週間の点滴抗生剤治療から一部の人では経口に切り替えても効果に遜色がないという結果となった。これを実行するためには、自宅で自己管理ができる人、こまめな外来指導が欠かせないと思う。しかししっかりできれば入院費用が減って、また筋力低下など活動性の低下が外来となれば防止できたり仕事にも復帰しやすいなど患者さんにはメリットがある。

(NEJM August 28, 2018 )

PAGE TOP