ハートブログ

ホーム > ハートブログ > 地域に貢献する医師に必要なもの?!

地域に貢献する医師に必要なもの?!

[ 内科 ]  当院からのお知らせ

2018.09.02

  

   こんにちわ。

 地域に貢献する医師に必要なものって何だろうか?

 

 我々の病院は、心臓病に特化した病院から救急患者さんを受け入れる病院へ、更なる挑戦がはじまった。

 それに伴い、地域にとって本当に求められるものを経験できるようになった。

 

  地域に求められるもの。。。

   高齢者の入院診療

   縫合などの小外科の救急診療

   有症状患者の外来診療

   慢性疾患の外来診療

   高度医療

   重症患者の集中治療

          などと思い浮かんだ。

 

  医師として早い段階で、能動的に、フィードバックを受けながら学べる環境で、

 特に苦手となりがちな、救急対応、重症患者対応、高度医療の適応と紹介判断、生活面の評価と管理、

 院内多職種との連携、周辺地域の状況を踏まえた他施設との連携、   などをトレーニングする。

 

 

  地域を肌で感じながら、周辺地域の状況を踏まえた連携、救急対応、高度医療の適応と紹介判断、

 院内多職種との連携は特に学ぶ機会が多い。100床以下の小規模病院ならではの特徴かもしれない。 

 

 「(経験する)症例数」 × 「(適切なフィードバックを受けられる)指導体制」 にて、

 

   周辺地域住民が安心して暮らすことができるよう、’命と健康のサポートをする医師’、

 の育成に貢献していきたい。

 

  葉山内科・GIM

  

 

  当院内科の見学や採用情報はこちら

  病院公式Face bookはこちら。 

 

 ~写真は、「夕方の病院の明かり」~

PAGE TOP