ハートブログ

ホーム > ハートブログ > 危機の予兆を察知するセンスを磨く

危機の予兆を察知するセンスを磨く

[ 内科 ]  当院からのお知らせ

2019.10.20

 

 医師が

 ”危機の予兆を察知するセンス” を磨くにはどうしたらよいか?

 

  • 臨床経験を重ねて自身のなかに有効な経験則(危険な患者のイメージ)を形成すれば、直感的に判断できるようになる。

 

  • 「直感は論理よりも豊かである」

 

  • 直感を鍛えるために、患者さんを毎日の回診が大切だ

 

  • 毎日観察することで僅かな違いに気がつくことができるようになる。

 

  • 言語化する事が直感を客観化するうえで重要である。

 

  • 危機予兆察知のセンスは経験客観的評価の繰り返しで磨かれる。

 

 

 葉山内科・GIM

 

 

月別投稿一覧

ブログ内検索

  • JCI認証取得
  • [心臓血管外科]後期研修終了予定の若手医師募集!
  • 徳洲会グループ共同治験審査委員会
  • 徳洲会グループ共同倫理委員会
  • 未来医療研究センター
  • [徳洲会]医師・看護師人材センター

PAGE TOP