ハートブログ

ホーム > ハートブログ > モデルナ社のワクチン接種結果

モデルナ社のワクチン接種結果

[ 新型コロナウイルス感染症 / 内科 / 医療情報  ]  当院からのお知らせ

2021.01.23

アメリカのCDC(疾病対策センター)は2021年1月22日 モデルナ社の新型コロナウイルスワクチン接種400万人の結果を報告した。強いアレルギーであるアナフィラキシーをおこした人は10人で、100万人あたり2.5人となります。10人中9人はアレルギーの既往があった人で、これまでのワクチンのアレルギー反応のでた人の情報と同じです。症状を呈した人は15分以内にでており、ワクチン接種後15-30分観察をするようにいわれていますが、その範囲内でおおよそいいということでしょう。
ではインフルエンザワクチンで国内でどのくらい副反応がでているかですが、2013・2014シーズンで5173万人うって医療機関からの報告289人(0.0005%) うち重篤84人(0.0002%)死亡9人、2014・2015シーズン 5238万人うって報告244人(0.0005%)、重篤99人(0.0002%) 死亡11人という報告があります。つまり重篤なアナフィラキシーを起こす人は100万人に2人、10万人に0.2人ということで、まれなことではあるがインフルエンザよりもやや多い想定になる。大きな会場で行われることが想定されるワクチン。アナフィラキシーに対応できるように準備しておく必要があります。

病気のお問い合わせはこちら

月別投稿一覧

ブログ内検索

  • JCI認証取得
  • [心臓血管外科]後期研修終了予定の若手医師募集!
  • 徳洲会グループ共同治験審査委員会
  • 徳洲会グループ共同倫理委員会
  • 未来医療研究センター
  • [徳洲会]医師・看護師人材センター
  • 職員専用講習会受講システム

PAGE TOP