ハートブログ

ホーム > ハートブログ > 「患者さんから学び、自分自身と闘う」医師の成長

「患者さんから学び、自分自身と闘う」医師の成長

[ 内科 ]  当院からのお知らせ

2018.10.13

 

 全く同じ患者さんは一人していない。 

 同じ病気でも症状が異なったり、症状の程度が異なったり、

 患者さんは機械ではないので、その症状の時の表情や症状の表現の仕方も異なる。 

 

 医師は病気を正しく診断し、速やかに治療する。これが、とても大切。

 しかしながら、教科書に書いてあるようになかなか上手くはいかない。

 当たり前であるが、患者さんは人間なので、機械のようにシンプルではない。

 

 もし、診断が正しくついたとしても、全ての治療がその病院で可能な事は珍しい。

 大学病院であっても、総合病院であっても、珍しい治療でできないものもある。

 そのため、治療できない病気は、すぐに治療できる病院に紹介するか ?!

 理想はそうしたいけれども、夜や休日などの状況や緊急性などを考えて

 いつ紹介するかも考える必要がある。

 また、本当にその病院で対応できないものなのか ? 

 ただ、医師が自信がないから他の医師に委ねたいだけではなかろうか ?

 そういったこともあるかもしれない。

 患者さんの立場になって、目の前の患者さんをどうしたら一番良いかを  

 その患者さんの状況、自分の能力、自分の病院の体制、様々なことを考慮しながら

 判断する必要がある。とても、大変。

 だけれども、そういった医師がたくさん増えていけば、きっと患者さん達のためになる。

 医師は自分自身と闘いながら、患者さんから学びながら成長していく。  

 

    

 葉山内科・GIM

 

 

 ~以下の写真は夕方の病院からの景色~

月別投稿一覧

ブログ内検索

  • JCI認証取得
  • [心臓血管外科]後期研修終了予定の若手医師募集!
  • 徳洲会グループ共同治験審査委員会
  • 徳洲会グループ共同倫理委員会
  • 未来医療研究センター
  • [徳洲会]医師・看護師人材センター
  • 人間ドック・各種健診

PAGE TOP