平成30年度 葉山ハートセンター 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 0 10 16 10 39 85 178 398 464 196
平成30年度の退院患者数を入院時の年齢で年代別に割り振っております。
一般内科および救急診療科より若年層の割合が前年度に比べ増加していますが、依然として高齢者が多くの割合を占めています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 198 7.59 5.15 0.51 68.57
050070xx99000x 頻脈性不整脈 88 3.49 7.54 0 71.67
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 64 2.41 3.01 0 72.44
050130xx99000x 心不全 39 10.77 17.66 2.56 83.64
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 36 4.14 4.47 0 73.36
循環器内科では前年度と変わらず頻脈性不整脈によるカテーテルアブレーション治療での入院が主であり、
次いで狭心症検査・治療入院を多く行っています。
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 61 24.39 20.92 4.92 85.2
050130xx99000x 心不全 44 22.09 17.66 4.55 87.05
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 38 21.61 12.58 0 82.63
030400xx99xxxx 前庭機能障害 18 4.33 5.10 0 71.89
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 18 18.17 6.14 5.56 83.06
内科では前年度に比べ肺炎による入院数が増えており、次いで心不全の治療入院等も増えております。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140260xx01xxxx 胸郭の変形および先天異常 - - 11.59 - -
050050xx0101xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 - - 22.91 - -
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) - - 24.00 - -
050170xx02000x 閉塞性動脈疾患 - - 16.52 - -
050050xx99000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 - - 6.94 - -
心臓血管外科では漏斗胸の手術での入院が最も多く弁形成・弁置換手術も行っております。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸 20 2 2.04 0 63.85
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全) - - 12.05 - -
010060x3990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつJCS10以上) - - 22.27 - -
0400801299x012 肺炎等(市中肺炎かつ15歳以上65歳未満) - - 14.43 - -
050130xx99000x 心不全 - - 17.66 - -
腎臓内科では睡眠時無呼吸での入院が最も多く、次いで腎不全の治療入院が多くなっています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - - 1 8
大腸癌 - - - - - - 1 8
乳癌 - - - - - - 1 0
肺癌 - - - - - - 1 0
肝癌 - - - - - - 1
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院に入院し、がん診療を受けた5つの代表的がん疾患(5大がん)の診療情報の指標です。
はじめての治療(初発)時のがんの進行度(Stage;ステージ)と再発で治療を受けた患者数を計上しました。
前年度に比べ、胃癌、大腸癌の治療を受けた患者数が増加しました。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - 8.5 62
中等症 51 22.45 84.37
重症 - 29.78 88.11
超重症 - 15 88
不明 - 0 0
日常生活をしていた人が発症した肺炎(市中肺炎)の重症度を見た指標となります。
入院中に発症した肺炎(院内肺炎)を別にし、市中肺炎の入院患者数等を見ました。
中等度の割合が多く、平均年齢は84.37歳となっています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 11 27.82 83.36 5.26
その他 - 16 83.5 0
脳梗塞による入院患者数を見た指標で、平均年齢は83.36歳となっております。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心膜外アプローチ) 162 1.1 6.33 0.62 70.09
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術(その他) 36 1.33 1.75 0 61.08
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 30 1.83 2.63 0 74.93
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 21 2.48 8.48 0 80.67
K597-2 ペースメーカー交換術 12 0.92 6 0 84.25
循環器内科では心房細動に対するカテーテルアブレーション術が最も多く、
その他狭心症や心筋梗塞に対するカテーテル治療やペースメーカー移植術も多く行っています。
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - 7.5 49.75 25 81
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) - 2.5 4.5 0 77.5
K5551 弁置換術(1弁) - 34.5 41.5 0 73.5
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) - 1 1 0 70.5
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他) - 4 25 0 82
内科では頭頸部その他への中心静脈注射用カテーテルの設置が最も多く、内視鏡下でのポリープの切除術も行っています。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4871 漏斗胸手術(胸骨拳上法によるもの) - 1.29 6.43 0 22
K552-22 冠動脈、大動脈バイパス移植術(人工心肺不使用)(2吻合以上) - 2.8 19.2 0 73.8
K5551 弁置換術(1弁のもの) - 10.5 22.5 0 67.75
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極の場合) - 1.67 7 0 87
K5493 経皮的冠動脈ステント術(その他) - 0.5 1.5 0 71
心臓血管外科では漏斗胸手術による入院が最も多く、冠動脈バイパス術、弁置換術なども行っています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - 0
異なる - 0
180010 敗血症 同一 11 0.77
異なる - 0.35
180035 その他の真菌感染症 同一 - 0
異なる - 0
180040 手術・処置等の合併症 同一 - 0
異なる - 0
入院医療費の支払制度(DPC包括医療費支払制度)から見た入院患者数と保険請求した患者割合の指標。
入院の合併症として代表的な、会計上使用するDPC分類から4つ患者数等を集計。
なお、『180040手術・処置等の合併症』は、国際的な疾病等の分類(ICD-10分類)の表現を
用いた分類表現であり、主病名の治療よりも入院中に他の合併症の医療資源が優先された分類です。
敗血症の分類では0.77%といずれも低い割合となっております。
更新履歴