ハートブログ

ホーム > ハートブログ > 葉山地域の開業医の先生との懇話会

葉山地域の開業医の先生との懇話会

[ 葉山情報 / 葉山ハートリバイバル / 院長個人 / 地域医療 ]  当院からのお知らせ

2018.09.21

葉山の地域で内科系で開業されて訪問診療もされている先生と情報交換をする会があり、ご一緒させていただきました。おひとりの先生のクリニックでの会合。なんとも素朴ですが、本当に顔と顔がみえる関係です。当院の現状などをお伝えし、医師会の状況、困っていることなどをざっくばらんに話をしました。ターミナルケアでは最後にはいる病院を契約していることがあってもなかなかぎりぎりまでいれてくれなかったり、短期の入院はうけてもらえないことなど、訪問診療をされる中で困っていることをききました。国、そして地域も在宅医療を推進するうえでは後方支援(いざという時の入院、対応のできる病院)がかかせません。しかし急性期に病院はなかなか受けてくれない。家族のレスパイト(休憩)も必要だけれどもそれも急性期病院では難しいことが多いです。小さい地域であるからこそ、我々の病院が協力できる点はあると思います。顔と顔がみえる関係から、互いに信用して行える医療はあると思います。ターミナルといっても人の予後は本当に予測不可能なことは多々ありますから、病院と家をいったりきたりすることもあります。
これまでは心臓の病院で<ハートセンター>だったけれど、地元の人にとってやさしい<ハートフル>な病院になってきたと患者さんからいわれたと教えてくださいました。これからも町の人にいざというときには相談してもらえる病院となるように努力していきます。応援よろしくお願いいたします。

PAGE TOP