ハートブログ

ホーム > ハートブログ > 院長ブログ

『院長ブログ』の記事一覧葉山ハートセンターのブログです。症例や治療方法、疾患、スタッフの声などをお知らせいたします。

TTP(血栓性血小板減少性紫斑病)の治療 リツキサンは?

[ 内科 / 医療情報  / 血液疾患 ]  当院からのお知らせ

2018.09.29

TTPという血小板が減る重篤な疾患がある。救急をしっかりやっている病院でもたくさんみられる疾患ではないが、意識障害、発熱、腎機能障害、溶血性貧血、血小板減少という5徴がみられ(全部揃うとは限らない)、 [続きを読む]

禁煙で体重増えたら心臓病予防にならないのでは?

[ 内科 / 医療情報  / 循環器 ]  当院からのお知らせ

2018.09.28

喫煙は動脈硬化、心臓血管系の疾患に大きく関与する。狭心症や心筋梗塞、脳卒中、足の血管の動脈硬化のかたは、医師より必ず禁煙しなさいといわれる。でもたばこをやめると多くの人が体重が増加するというのも事実。 [続きを読む]

<聞く>とは他者にささげられるギフト;ドミニックローホーの言葉から

[ 院長個人 / 読書 / 心の言葉 ]  当院からのお知らせ

2018.09.24

日々医療をしていてこちらに余裕がないと技術的な医療の提供でせいいいっぱいになってしまうのであるが、少し患者数が減りゆとりができたときにこそ、病棟の整理整頓や普段話し合えないことを話すこと、それと患者さ [続きを読む]

慢性リンパ性白血病の治療ibrutinibの講演会 in 東京

[ 医療情報  / 血液疾患 ]  当院からのお知らせ

2018.09.22

葉山ハートセンターにきてからは新規の血液患者さんをみることは少なくなっていますが、それでも一人のかたがたまたま外来受診された中で、この慢性リンパ性白血病CLLと診断されました。 CLLは高齢者に多い病 [続きを読む]

葉山地域の開業医の先生との懇話会

[ 葉山情報 / 葉山ハートリバイバル / 院長個人 / 地域医療 ]  当院からのお知らせ

2018.09.21

葉山の地域で内科系で開業されて訪問診療もされている先生と情報交換をする会があり、ご一緒させていただきました。おひとりの先生のクリニックでの会合。なんとも素朴ですが、本当に顔と顔がみえる関係です。当院の [続きを読む]

クレーム対応の実践教科書 三輪康子氏の本から

[ 院長個人 / 読書 / 心の言葉 ]  当院からのお知らせ

2018.09.21

医療の現場でも様々なクレームがおきます。こちらの不手際や間違いもありますし、納得がいかないクレームもあります。これらの対応によりスタッフと患者さまの関係がぎくしゃくしてスタッフの疲弊につながることもあ [続きを読む]

プレコンセプションケア  若い女性のためのドック 当院で受けてみませんか?

[ 葉山ハートリバイバル / 病院行事 報告 ]  当院からのお知らせ

2018.09.20

<若い女性のためのドック:プレコンセプションケア> 2017年6月に葉山ハートセンター院長に着任した私は、女性の目、内科医の目で人間ドックを開発したいと思いました。その中でも特に思うのは若い女性に対し [続きを読む]

健康な高齢者がアスピリンをのんだら長生きするのか?

[ 内科 / 医療情報  ]  当院からのお知らせ

2018.09.18

糖尿病の人に対するアスピリンの心血管系イベント1次予防効果の大規模研究結果が先日だされたことを報告したが、今度は、健康な高齢者を対象にして、アスピリンをのんだら血管系の合併症がおきなくて長生きするのか [続きを読む]

秋谷潮かぜ診療所の先生がたと懇親会

2018.09.14

秋谷潮かぜ診療所は訪問診療を中心に行っている診療所で、かつ地域の医療スタッフに対して開かれた勉強会を長年続けている、地域医療では有名な診療所が、当院から車で5分もしないところにあります。そこの勉強会に [続きを読む]

葉山からみる相模湾に大きな虹がかかりました。

[ 葉山情報 ]  当院からのお知らせ

2018.09.10

この日9月10日 朝7時くらいから8時くらいまで  葉山ハートセンターの目の前に広がる相模湾に大きく虹がかかりました。そしてそれがよくみると2重にかかっていました。おもわずカメラを取り出して、私もスタ [続きを読む]

糖尿病の人にアスピリンをのむと初発の心筋梗塞や脳卒中は予防できるのか?

[ 内科 / 医療情報  / 循環器 ]  当院からのお知らせ

2018.09.08

糖尿病の人では心筋梗塞や脳卒中のリスクは2-3倍高いとされている。そして狭心症や心筋梗塞、脳梗塞を一度おこした人は次におこさないようにするためにアスピリンを内服する(2次予防)ことは行われている。それ [続きを読む]

左心系の心内膜炎の抗生剤投与が途中から内服薬にできるか?

[ 内科 / 医療情報  / 循環器 ]  当院からのお知らせ

2018.09.02

心内膜炎は歯の治療後などにおきた菌血症が原因で心臓の弁に菌塊が付着しておきる感染症である。決してまれではなく発熱の鑑別診断として常に考える疾患であり、弁が破壊されて心不全兆候が強くなったり、菌が全身に [続きを読む]

多発性嚢胞腎と腎臓外の合併症:弁膜症や心嚢液も

[ 内科 / 医療情報  / 循環器 ]  当院からのお知らせ

2018.08.22

多発性嚢胞腎は常染色体優性の遺伝性疾患で腎臓に嚢胞が多発して腎機能低下がおきてくる疾患だが同時に肝臓や膵臓にも嚢胞ができる。さらに腎臓外にも合併症がおきることがしられている。それは上皮細胞の分化がうま [続きを読む]

cogan 病;眼と耳と血管の炎症の病気

[ 内科 / 循環器 ]  当院からのお知らせ

2018.08.19

Cogan病とは小児、もしくは若い成人がかかる病気で慢性の炎症性疾患である。特徴として眼の症状と耳の症状があるということである。眼の症状は間質性角膜炎をおこし、目の発赤、まぶしさ、痛み、かすみ目などが [続きを読む]

葉山三ヶ岡山緑地を歩いてみました。

[ 葉山情報 / 院長個人 ]  当院からのお知らせ

2018.08.18

葉山にはこんもりとした山がいくつもありますが、病院から眺められる大峰山は徒歩でいけるハイキングコース。一度いってみようとでかけてきました。134号線御用邸近くのセブンイレブンの道路向いに拝金後コース( [続きを読む]

1 / 812345...最後 »

PAGE TOP