ハートブログ

ホーム > ハートブログ > 内科

『内科』の記事一覧葉山ハートセンターのブログです。症例や治療方法、疾患、スタッフの声などをお知らせいたします。

新型コロナウイルス感染症について思うこと 軽症なかたの自宅待機

[ 新型コロナウイルス感染症 / 内科 / 医療情報  ]  当院からのお知らせ

2020.04.22

医療崩壊を防ぐために軽症者の自宅待機、ホテル待機が、東京、神奈川、埼玉などですすんでいる。神奈川では<神奈川方式>という名がついて、今週から軽症者が湘南国際村の宿泊施設に順次送られていて、病院のベット [続きを読む]

新型コロナウイルス感染症に思うこと 湘南エリアの海岸封鎖

[ 新型コロナウイルス感染症 / 内科 / 医療情報  ]  当院からのお知らせ

2020.04.22

この週末も湘南海岸エリアの道路の大混雑がニュースに流れた。海岸にある公営駐車場が閉鎖されたことも関係しているのだろうか。でも週末だけではない。ほかの日でも天気がいい日はなんでこんなに車が普段より通るの [続きを読む]

新型コロナウイルス感染症に思うこと  PCR検査

[ 内科 / 医療情報  ]  当院からのお知らせ

2020.04.22

2020年4月に入り新型コロナウイルス感染の患者数が増えるにつれて若い人の増加、それに伴い家族内感染が増えている印象をもつ。若い人は熱もでないで味覚障害、嗅覚障害だけのかたもいる。これだけではまずPC [続きを読む]

ご家族に新型コロナウイルスの感染が疑われるかたがいるときの注意点

[ 内科 / 医療情報  ]  当院からのお知らせ

2020.04.22

ご家族に新型コロナウイルスの感染が疑われる人(以下、感染者)がいる場合、同居のご家族は以下の点に注意してください。 1.感染者と他の同居者の部屋を可能な限り分ける 2.感染者の世話をする人は、できるだ [続きを読む]

新型コロナウイルス感染症に思うこと マスク

[ 内科 / 医療情報  ]  当院からのお知らせ

2020.04.19

新型コロナウイルス感染症の広がりが国内でみられた2020年1月末くらいからマスクが不足しはじめて、早くも3か月くらいになろうとしています。世界的なウイルス感染症の広がりでまだまだマスク不足は続くのであ [続きを読む]

新型コロナウイルス感染症に思うこと 味覚障害 嗅覚障害

[ 内科 / 医療情報  / 地域医療 ]  当院からのお知らせ

2020.04.17

新型コロナウイルスでは味覚障害、嗅覚障害が初期によくみられる症状であることがわかってきました。Clinical Infectious Diseases誌オンライン版3月26日号には、味覚障害、嗅覚障害 [続きを読む]

新型コロナウイルス感染症に思うこと 院内感染の恐怖

[ 内科 / 医療情報  ]  当院からのお知らせ

2020.04.15

新型コロナウイルス感染症の患者さんが増加するにつれて、院内感染も増加しています。病院で勤務している我々からして院内感染は恐怖です。一つは働いている自分の身も、そして同時に仲間の身も、そして患者さんの身 [続きを読む]

後方向性カンファレンスと前方向性カンファレンス

[ 内科 / 症例 ]  当院からのお知らせ

2020.03.11

   院内で開催される症例カンファレンスについて 2つのタイプがある。    1つは症例の振り返りや共有を目的としたRetrospectiveなカンファレンス(後方向性カンファレン [続きを読む]

初めての担当患者さんの対応

[ 内科 / スタッフの声 ]  当院からのお知らせ

2020.03.06

   初めての担当患者さんの対応で大切なことはなんだろうか?   ・最初に自己紹介の挨拶を忘れない  初めて担当患者さんが割り当てられた際、診療のことに気をとられて、忘れられがちな [続きを読む]

日々の診療録記載

[ 内科 / スタッフの声 ]  当院からのお知らせ

2020.02.17

    急性疾患では、日々患者さんの状態は変化していく。治療が奏功して改善してくることもあれば、うまくいかないこともある。たとえ、治療がうまくいかなくても適切な時期に治療 [続きを読む]

優れた教育者に必要なものとは?

[ 内科 ]  当院からのお知らせ

2020.02.02

  優れた教育者に必要なものとは何だろうか?   See one, do one, teach one  (見て1割、実行して3割、教えて7割)  教育を受ける側の取り組む姿勢もた [続きを読む]

多職種からの情報収集が大切

[ 内科 ]  当院からのお知らせ

2020.01.26

   患者さんの危機の予兆があると、‘ビビッ’と何かを察知して急いで患者さんの対応をするはずだ。この‘ビビッ’とくるポイントを、研修医が察知できるようになるには経験が必要である。毎日面会に来 [続きを読む]

学び続けること

[ 内科 ]  当院からのお知らせ

2019.12.29

   研修医時代に尊敬できる上級医や指導医との巡り合わせを貴重である。    誰しもがそんな経験を持つだろうし、持っているだろう。経験ある指導医は同じような症例や教育を繰り返してい [続きを読む]

教育回診症例の選び方

[ 内科 ]  当院からのお知らせ

2019.12.15

   グレートケースや診断困難症例だけでなく、臨床の疑問(クリニカルクエッション)がある症例であれば何でも良い。まずトライしてみることが大切である。定期的に指導医が行っている教育回診でも、招 [続きを読む]

教育回診の準備で大切なのは?

[ 内科 ]  当院からのお知らせ

2019.11.30

   教育回診で上手くプレゼンテーションできるように 研修医が準備する際に大切なものは何だろうか?    症例を経験した時系列に基づいてスライドを準備したり、メモに記載する。 その [続きを読む]

3 / 1012345...10...最後 »

PAGE TOP