ハートブログ

ホーム > ハートブログ > 医療情報 

『医療情報 』の記事一覧葉山ハートセンターのブログです。症例や治療方法、疾患、スタッフの声などをお知らせいたします。

TTP(血栓性血小板減少性紫斑病)の治療 リツキサンは?

[ 内科 / 医療情報  / 血液疾患 ]  当院からのお知らせ

2018.09.29

TTPという血小板が減る重篤な疾患がある。救急をしっかりやっている病院でもたくさんみられる疾患ではないが、意識障害、発熱、腎機能障害、溶血性貧血、血小板減少という5徴がみられ(全部揃うとは限らない)、 [続きを読む]

禁煙で体重増えたら心臓病予防にならないのでは?

[ 内科 / 医療情報  / 循環器 ]  当院からのお知らせ

2018.09.28

喫煙は動脈硬化、心臓血管系の疾患に大きく関与する。狭心症や心筋梗塞、脳卒中、足の血管の動脈硬化のかたは、医師より必ず禁煙しなさいといわれる。でもたばこをやめると多くの人が体重が増加するというのも事実。 [続きを読む]

慢性リンパ性白血病の治療ibrutinibの講演会 in 東京

[ 医療情報  / 血液疾患 ]  当院からのお知らせ

2018.09.22

葉山ハートセンターにきてからは新規の血液患者さんをみることは少なくなっていますが、それでも一人のかたがたまたま外来受診された中で、この慢性リンパ性白血病CLLと診断されました。 CLLは高齢者に多い病 [続きを読む]

健康な高齢者がアスピリンをのんだら長生きするのか?

[ 内科 / 医療情報  ]  当院からのお知らせ

2018.09.18

糖尿病の人に対するアスピリンの心血管系イベント1次予防効果の大規模研究結果が先日だされたことを報告したが、今度は、健康な高齢者を対象にして、アスピリンをのんだら血管系の合併症がおきなくて長生きするのか [続きを読む]

糖尿病の人にアスピリンをのむと初発の心筋梗塞や脳卒中は予防できるのか?

[ 内科 / 医療情報  / 循環器 ]  当院からのお知らせ

2018.09.08

糖尿病の人では心筋梗塞や脳卒中のリスクは2-3倍高いとされている。そして狭心症や心筋梗塞、脳梗塞を一度おこした人は次におこさないようにするためにアスピリンを内服する(2次予防)ことは行われている。それ [続きを読む]

左心系の心内膜炎の抗生剤投与が途中から内服薬にできるか?

[ 内科 / 医療情報  / 循環器 ]  当院からのお知らせ

2018.09.02

心内膜炎は歯の治療後などにおきた菌血症が原因で心臓の弁に菌塊が付着しておきる感染症である。決してまれではなく発熱の鑑別診断として常に考える疾患であり、弁が破壊されて心不全兆候が強くなったり、菌が全身に [続きを読む]

多発性嚢胞腎と腎臓外の合併症:弁膜症や心嚢液も

[ 内科 / 医療情報  / 循環器 ]  当院からのお知らせ

2018.08.22

多発性嚢胞腎は常染色体優性の遺伝性疾患で腎臓に嚢胞が多発して腎機能低下がおきてくる疾患だが同時に肝臓や膵臓にも嚢胞ができる。さらに腎臓外にも合併症がおきることがしられている。それは上皮細胞の分化がうま [続きを読む]

上行大動脈が拡張する疾患 大動脈2尖弁

[ 内科 / 医療情報  / 循環器 ]  当院からのお知らせ

2018.08.15

CTで上行大動脈が拡張している患者さんがおられ、どんな疾患でそうなるのかと質問をうけて調べていたところ<大動脈2尖弁>がそのようになる疾患の一つなのだとでていました。そこでこの疾患についてまとめてみま [続きを読む]

CHIPとは? 第3話 動脈硬化性心疾患との関連

[ 医療情報  / 血液疾患 ]  当院からのお知らせ

2018.08.03

CHIPという、骨髄異形成症候群ににた遺伝子異常をもつ細胞は増えているのに血液は正常という状態の人は、将来的に血液の腫瘍(例えば白血病など)になる率が高いのは前回述べました。でもさらにおもしろいことは [続きを読む]

アドバンス・ケア・プラニング ACPとは?

[ 内科 / 医療情報  / 社会問題 ]  当院からのお知らせ

2018.07.26

アドバンスケアプラニング(ACP)って何ですか?末期の人の意志表示ですか?と質問をうけた。 超高齢化社会を迎えたが、最後の人生しめくくりをどうしましょうということを、日本の文化ゆえか皆はっきりというの [続きを読む]

クロストリジオイデス ディフィシル感染症に対する講演会

[ 病院行事 報告 / 医療情報  ]  当院からのお知らせ

2018.06.25

葉山ハートセンターでは6月25日に、湘南鎌倉総合病院感染対策室の佐藤守彦先生をお招きして、クロストリジオイデス ディフィシル感染症に関する講演会を開きました。まず知ったのはこれまでクロストリジウムとい [続きを読む]

逗子地域の民生委員の方々と

2018.06.14

6月14日は逗子地域の民生委員の方々の会合に参加させていただき、当院の現在の状況をお話しさせていただきました。循環器・心臓外科の1つの車輪と内科、救急医療の1つの車輪を同時に回していく方針であること、 [続きを読む]

せん妄の勉強会開催 

[ 内科 / 病院行事 報告 / 医療情報  ]  当院からのお知らせ

2018.06.08

当院では今年は高齢者の診療技術をアップしようということで、月に1回程度で認知症やせん妄などの勉強会を開催しています。6月8日には東京大学大学院医学研究科の熊倉陽介先生をお招きして講演をしていただきまし [続きを読む]

痛風と心臓血管系疾患の関連

[ 内科 / 医療情報  ]  当院からのお知らせ

2018.05.30

痛風になる人は狭心症になりやすいですか?という質問をうけました。確かになんとなくそんな気がしてしまいがちです。痛風になりやすい人は美食家だったり、アルコールたくさんのんだり、脂質が高めだったり・・・と [続きを読む]

生涯の心房細動リスクは何%?

[ 医療情報  ]  当院からのお知らせ

2018.05.23

心房細動は長期的にみると心機能を低下させ、また脳梗塞を起こす重要な疾患である。加齢が最も重要なリスクであるが、中高年期をすぎた55歳以上の人がどのくらい障害に心房細動を起こすリスクがあるのか、有名な心 [続きを読む]

1 / 212

PAGE TOP