-->

掲載日付:2018.01.01

カテゴリ:[ 未分類 ]

あけましておめでとうございます。


あけましておめでつございます。
今年も、昨年同様皆さまの期待に応えられるように、改革を確実に実行し移し実を少しでも結ぶことができるようにもっていきたいと思います。変わらぬご支援お願い申し上げます。

掲載日付:2018.01.02

カテゴリ:[ 内科 ]

今年度のインフルエンザ流行が始まった。


今年度のインフルエンザ流行が始まった。

12月28日 神奈川県にもインフルエンザ流行注意が発令されたが、年末年始であまり注目されなかったが、これだけ年末年始で人の移動があったとなると、発症して診断されて患者数が増加するのはこれからであろう。
今年はインフルエンザワクチンが全国的に不足して、とくにうちの病院のように例年あまり積極的にうっていないところにはワクチンがあまり回ってこなかった。打てなかった患者さんもいた。
またワクチンをうっていてもその有効性はどうかという問題である。インフルエンザワクチンで選択されたA(H3)は半年はやくシーズンが始まったオーストラリアでは10%程度しか効果がなかったようである。私も1か月前にワクチンをうっていたが、インフルエンザに年末罹患してしまった。

インフルエンザ迅速検査は発熱12時間以上しないと陽性でとないといわれたこともあるが、最近のものでは3-6時間でも感度が90%程度であるようだ。また救急の先生では症状とその家族発症で判断したりするという。抗インフルエンザ薬が48時間以内に投与しないと効果が期待できないから、やはり熱がでて早めに検査をしたほうがよいということであろうか。インフルエンザの合併症として肺炎があるが高齢者はリスクが高く、2017年の成人肺炎診療ガイドラインではその肺炎予防として早期の抗インフルエンザ薬の投与を推奨するとしている。また肺炎球菌ワクチンもうっておくことが大切。当院でも10月から肺炎球菌ワクチンのキャンペーンを行ってきた。

 自分も罹患して思ったが、全身倦怠感がふつうの風邪とは違う。咳とともに頭にそれが響き痛くなる。2年前に罹患した時も同じであった。タミフルは1T飲んだだけで早かったからか、効いたという感じがした。

掲載日付:2018.01.03

カテゴリ:[ 葉山ハートリバイバル / 院長個人 / 読書 ]

お正月の読書から  ~魂の経営~


インフルエンザにかかり寝正月。でもゆっくり読書ができた。1冊は富士フィルムCEOの古森重隆氏の<魂の経営>を読んだ。とても自分と置き換えられて考えるなんておこがましいが、リーダーシップについての古森氏の考えがたくさん込められていて、参考になる部分がたくさんあった。
まずリーダーが危機のときにあっちにいくかこっちにいくが合議してふらふらしているのでは勝てる戦いも勝てなくなる。誰かが皆を引っ張っていかなくてはならないのだ。それがリーダーシップの本質でありやるべきことは4つ。<1>読み 今後どうなるのか大局観をもってみる。 <2>構想する :どこへ向かうべきか具体的な作戦やプランをたてる。その際に大切なことはプライオリテイを考えて計画する。ダイナミズムとスピードを意識する <3>伝える:リーダーの意志を明確に伝える。すみずみまで伝播させ、危機感を共有し、社員に自覚を持たせる。<4>実行する。決断したらやり遂げる。実行が伴わなければ読みも構想も意味がないリーダーがまずやってみせないと人も組織も動かない。院長が一番働かないといけないのよ・・・と理事長も先輩院長もいっていた・・・

これらがどこまでできているか・・・自分に照らし合わせながら今年はやっていこうと思う。

掲載日付:2018.01.04

カテゴリ:[ 読書 ]

正月の読書2 40代になったら・・・


もう40代は終わってしまったが、<40代でシフトする働き方の極意>佐藤優氏の最新作を読んだ。物を書き続けている人の知識のインプットにはいったいどのくらいの時間をかけているのかと思うが、あいかわらず公文式の数学を勉強したり、何時間も学習という時間があってすごいと思う。勉強が習慣化している人とそうでないものには人生で膨大な差がでてしまうものだ。
さてその本の<40代からの時間の使い方と学び方>という章の中では、時間というものについて<機会費用><機会損失>という意識をもつことをすすめています。何に時間を使うと一番効率よく収益をあげられるか?そういう時間に対してのプライオリテイを持てということです。賃金労働者(つまり我々医師もそうですが)基本的には自分の労働力を売るしかないといいます。その通りだわ。ネットである医師が、本当にこれだけ税金とられることがわかっていながら当直やって自分の時間、家族の時間を引き換えに働きますか?と書いてあったこともそれを述べているとも言えますね。1日1-2時間のインプットの時間を確保すること、SNSやメールなどの時間泥棒からどのように自分を守るか、他人にもその意識(相手の時間を奪っているという意識)をもつことと書かれています。また、どこかでエネルギーを蓄える時間を作るようにすることで結果的に仕事も長続きするとアドバイスがあります。確かにこの7か月ひた走りに走ってきて最期にインフルエンザで倒れてしまった、体を休める時間を半ば強制的にいただいた感じです。

掲載日付:2018.01.04

カテゴリ:[ 読書 ]

正月読書3 老後破産


正月は家族が集まる機会、でもその家族もいないでさみしい人も大勢いる。
寝正月を過ごしながらその人たちはどう暮らしているのだろうと思いながらNHKスペシャルの取材した本に目を通した。

生活保護の人たちに対しての風あたりも強い。
制度上の問題もある中で、わずかな貯金や資産があるために、生活保護の申請がままならない人、わずかな貯金も減るのをゆっくり忍び寄る影のようにおおそれながら暮らしているひと。現実の話として知り合いのソーシャルワーカーさんにもそのような話をきいたことはある。そのような方々も私と同じような年代には、仕事も充実して一生懸命働いていた人たち。とても20年後にこうなるなんて想像もしていなかったと皆いい、寝たきりなのではないのに、生きていたくないと口々にいうという悲しい現実が日本にはあるのだ。貧しい子供たちだけではない。働いてきた人たちもだ。個人責任論にしてはならないだろう。私だってひとたび脳梗塞にでもなり働けなくなれば社会的弱者に転落だ。同じような状況は誰だって可能性があるだろう。たとえ子供がいたってたくわえがあったって、全然心配のない人はいないのではないか。そういう弱者の人は病院にくるのだって大変なので、病院に働いているだけではみえていないことがまだまだあるであろう。当院では無料相談窓口を開設した。今後はそういう人たちのカフェではないが、集まる場所などを作っていけたらいいと思う。


menu close

スマートフォン用メニュー