ハートブログ

ホーム > ハートブログ > 池江璃花子選手 日本選手権バタフライ100m優勝! 感動した!

池江璃花子選手 日本選手権バタフライ100m優勝! 感動した!

[ 院長個人 ]  当院からのお知らせ

2021.04.04

池江璃花子選手が競泳日本選手権女子100m バタフライで優勝した。優勝後の涙とインタビューをみて感動しもらい泣きしてしまった。そして東京オリンピックの400mメドレーリレーに内定。彼女を東京2020でみることができるなんて、なんかとても明るいニュースである。日本の多くの人が感動したことと思う。
メダルが期待され絶好調のオリンピック直前に急性白血病になり、人生こんなことってあるの?と誰もが思っただろう。どん底に叩き落され、つらいつらい抗がん剤治療を受け、体力も著しく低下。そして2020年3月に練習復帰。まだやせていてみるのがつらいが、それでも約1年でこのレベルに戻ってきた。信じられないスピードである。
池江選手はスピードスケート小平奈緒さんとともに、強いだけじゃなくて語る言葉が重みがあり大好きな女子スポーツ選手の一人である。池江選手はあるインタビューでもここまでくるのに簡単ではなかったことをわかってほしいと語っていたし、<この場に立てていることが幸せであることをかみしめて・・・>と何度も口にされていた。以前の自分と比べようとしないで一歩一歩新しい自分を作ろうとする姿に、若いのにえらいな~、その気持ちはどこから生まれてくるのだろうと感心する。しかしコロナで延期したオリンピックがまるで彼女を待っていたようにも感じてしまうのは私だけだろうか。
オリンピックまだまだどうなるかという状況の中で、聖火リレーが始まり、そして代表がこう決まり、私たちも彼らの努力して勝ち得た姿をみて応援したい気持ちになってきた。早くワクチンがうたれ、新型コロナが落ち着きつつある中でオリンピックを迎えたいものである。

病気のお問い合わせはこちら

月別投稿一覧

ブログ内検索

  • JCI認証取得
  • [心臓血管外科]後期研修終了予定の若手医師募集!
  • 徳洲会グループ共同治験審査委員会
  • 徳洲会グループ共同倫理委員会
  • 未来医療研究センター
  • [徳洲会]医師・看護師人材センター
  • 職員専用講習会受講システム

PAGE TOP