ハートブログ

ホーム > ハートブログ > 手が温かいことは医療人にとって利点

手が温かいことは医療人にとって利点

[ 院長個人 ]  当院からのお知らせ

2018.04.12

DSC07491

私の体温は表面温度がかなり普通の人と比べて高いようだ。よく隣に座って肌が触れると温かいね~といわれる。(寒い弓道場では人間ホッカイロとして冬は重宝された)確かに手もあったかいとよくいわれる。これが医療人としてはメリットでもある。
人間ドックでは全身の診察があるのだが、患者さんに腹部診察がとても気持ちよかったと感想をいただいた。そのかたはマッサージをされるかたなのでその感覚がより敏感なのかもしれない。人のぬくもり、体温というのは患者さんに安心をあたえる。医療人にとってはプラスポイントなのである。手の冷たい先生は、手をごしごしこすってから診察することもある。また冬は聴診器も冷たくなるので心ある医師は聴診器を温めてから診察する。
体が温かいと温泉には長時間疲れないし、手足が熱くて寝れないことも夏などはあるのですが、(犬の肉球のようですねといわれたことがある)、でもこれを生かして将来マッサージ師の資格もとろうかと真剣に考えてたりします。

PAGE TOP