ハートブログ

ホーム > ハートブログ > 教育自然学研究会にて葉山ハートセンターを紹介

教育自然学研究会にて葉山ハートセンターを紹介

[ 病院行事 報告 / 院長個人 ]  当院からのお知らせ

2018.02.18

IMG_0685

教育自然学研究会にお招きいただき、この葉山ハートセンターが葉山の地域と自然にどのように溶け込むように設計し建てられたのか紹介させていただきました。
当院は開院が2000年ですでに18年たつのですが、非常に美しい建物です。周りの自然と溶け込むように斜面を利用して建てられ、採光についても中庭を用いるなど配慮されています。そしてれんが作りであり外からみて一目では病院とはわかりにくいかもしれません。また内装も壁には木をふんだんにつかい、てすりや待合の椅子なども色調を統一し温かみのある茶色になっています。そしてベットにねながらでも眼前に相模湾が一望でき、そして冬には富士山がこれがどのように治療に影響するのかをお話しさせていただきました。
患者さんはみなさん入院されると窓際に・・・とおっしゃります。それは当たり前だと思ってきましたがなぜでしょう。やはり人間という生物もやはり機械的なものに囲まれてではなく風景がみたいのだと思います。安心できるしかも美しい療養環境は、人の心を和ませ免疫力を高めたり自然治癒力を引き出すことでしょう。そのような精神と免疫の関わりを研究する学問(精神神経免疫学)もあります。その環境は患者さんとともに家族もそしてスタッフも癒してくれていると思います。

PAGE TOP