ハートブログ

ホーム > ハートブログ > 自宅に感染者がいるときに注意事項

自宅に感染者がいるときに注意事項

[ 新型コロナウイルス感染症 / 医療情報  ]  当院からのお知らせ

2021.01.15

感染者が急増し自宅療養を余儀なくされている人も多いことでしょうし、これから我々がそのような状態になることもあります。そのような時のポイントをまとめてみようと思います。
(1)患者さんと部屋をわける。患者はできるだけ部屋からでない。当然食事も別に。世話をする人は一人にきめる。(妊婦、高齢者、免疫低下した人は避ける)
(2)家庭内でもすべての人がマスクする。 テーブルなどにポイと置かない。外したら手洗い。マスクしていても表面を触らない。
(3)こまめな手洗い
(4)食事は小分けにして可能なら容器は使い捨てが便利。(洗ってもいいがしっかり乾かす)
(5)消毒 家庭内ではこれがポイント。共有して触れるものの消毒が大切。ドアノブ、トイレのバー、手すり、テーブル、いすの背、電話、パソコンキーボード、リモコン、スイッチなど。
(6)換気 30-60分に1回 CO2をモニターできる機器もあり、それを目安に換気することもできます。
(7)シーツ、洋服は普通の洗剤で洗えます。しっかり乾かす。タオルは共有しない。排泄物で汚れたものは便の中にもウイルスが排泄されるので処分したほうが無難です。
(8)ごみは密閉して処理する相手のことを考えてはみ出したり、穴があいてないようにしてください。

新型コロナウイルスの肺炎は、平気な顔して酸素飽和度が低いという特徴があります。(そうでない人もいます)もし購入できるのであれば酸素飽和度モニターにて血中酸素をモニターしたほうがよいと思います。

病気のお問い合わせはこちら

月別投稿一覧

ブログ内検索

  • JCI認証取得
  • [心臓血管外科]後期研修終了予定の若手医師募集!
  • 徳洲会グループ共同治験審査委員会
  • 徳洲会グループ共同倫理委員会
  • 未来医療研究センター
  • [徳洲会]医師・看護師人材センター
  • 職員専用講習会受講システム

PAGE TOP