ハートブログ

ホーム > ハートブログ > 新型コロナウイルス感染症  フィジカルデイスタンス意味ある?マスク意味ある?

新型コロナウイルス感染症  フィジカルデイスタンス意味ある?マスク意味ある?

[ 新型コロナウイルス感染症 / 医療情報  ]  当院からのお知らせ

2020.06.02

新型コロナウイルス感染症 ワクチンも確実な薬物治療もない中で経済活動は再開された。もう我慢が限界というところでしょうか。ブラジルなどはまだこれからパンデミックという患者増加の中でも経済活動再開。そして北半球では夏がやってくる。冬の頃はマスクで顔が温かかったのもあるが、今はもう暑くてならない。心の中では本当にマスク意味があるのかなんて少し思い始めているかたいませんか?つい顔近づけて会話していませんか。
このたび、このタイミングをねらってという気もしますが、Lancet という有名な医学雑誌に、その効能の評価が発表されました。16か国から発表された172もの観察研究論文(フィジカルデイスタンス、フェイスマスクなどに関する論文)から44の研究を抽出してメタ解析しました。今行われている防護策が意味があるかどうかをみる目的で行われました。数学的な手法の評価は私にはできませんが、結果として、(1)フィジカルデイスタンス:1m以上の距離をとったのとそれ以下であったのとでは1m以上ではあきらかにウイルスの伝播は少なくなった。その距離が長いほうがより防御効果が高かった。(2)フェイスマスクの使用は防御的であった。特に新型コロナウイルスでは60%も感染が軽減された。その効果は特にN95マスクのほうが高かった。(3)眼の防御(フェイスシールドなど)も感染を下げるうえで効果があった。今の現状では、私たちは非薬物による防御で感染を抑えていくしかなく、暑い夏もこの有効とされる防御策を日常生活にとりいれていくしかないのでしょう。

参考論文  https://doi.org/10.1016/S0140-6736(20)31142-9

病気のお問い合わせはこちら

PAGE TOP