ハートブログ

ホーム > ハートブログ > 新型コロナウイルスワクチンの状況 4月2日

新型コロナウイルスワクチンの状況 4月2日

[ 新型コロナウイルス感染症 / 医療情報  ]  当院からのお知らせ

2021.04.04

新型コロナウイルスワクチン接種は日経新聞が発信している情報によると4月2日の時点で全国で913341人うち、2回接種が終了した人が183357人となっている。神奈川県には56万人分配給されているが、その分配が実は問題となっている。
現在配給されてるのは、新型コロナウイルスを積極的にうけている基幹型医療施設、基本的には大病院である。そこにはバックヤードで働く職員も大勢いる。その人たちも含めての職員全員が対象となり、さらに2回うってはじめてそのほかの病院に回ってくるという形のため、大都市圏ほど、実際には発熱患者をみている中小の病院やクリニックにまで、いまだにいつワクチンが回ってくるのか検討がついておらず、ワクチンがうてていないのである。それより先に高齢者がうつ計画がすすんでいるのはおかしいのではないかと、まだうっていない医療関係者は思っている。ワクチン配給が十分なのであれば当然積極的にうけている施設から全職員対象にうつのでなんら問題がないであろうが、限られているのであれば救急、発熱外来、コロナ入院患者を扱う職員だけにまずしぼり、発熱患者をうけている地域のほかの医療関係者にはやく分配する方法を考えてほしかったと思う。
東京、神奈川県域には4月5日からの週で3900回分、4月12日からの週で1万9500回分、4月19日からの週で1万9500回分配給されるとのこと。そこらでうてることを期待したい。
ワクチン接種はアメリカやイギリスではかなりのスピードでうてており、アメリカでは旅行するのにワクチンを終了していれば特別制限がなくなるなど活動の制限がなくなっている。またイギリスでは人口の46%がうち、死者が1月には1日1800人から現在10人にまで減ってきているという。オリンピックの成功のためにっも早いワクチン接種が望まれるが第4波には間に合わないだろう。関東圏内少しでも感染が1月のように爆発的に増えないことを祈るばかりである。

病気のお問い合わせはこちら

月別投稿一覧

ブログ内検索

  • JCI認証取得
  • [心臓血管外科]後期研修終了予定の若手医師募集!
  • 徳洲会グループ共同治験審査委員会
  • 徳洲会グループ共同倫理委員会
  • 未来医療研究センター
  • [徳洲会]医師・看護師人材センター
  • 職員専用講習会受講システム

PAGE TOP