ハートブログ

ホーム > ハートブログ > 新型コロナウイルス 大阪、兵庫で患者数急増

新型コロナウイルス 大阪、兵庫で患者数急増

[ 新型コロナウイルス感染症 / 医療情報  ]  当院からのお知らせ

2021.04.11

この1週間は大阪での患者急増のニュースが話題である。あの爆発的な増え方は関東での1月10日からの急な増加を思いだし医療機関の大変さが目に浮かぶ。関西ではN501変異をもつ変異型が増加してきているとされるが、従来の型よりも感染力が高いとされている。この爆発的な増加は2020年12月の英国でみられた現象と似る。まだ入院先がない状態ではないようだが、今回の第4波はこれまでとどう違うのか。日経メデイカルに投稿されていた近畿中央呼吸器センターの倉原優先生の話が参考になる。これまで以上に糖尿病や肥満のあるかたが重症化するリスクであり、高齢でなくても急速に呼吸器症状が悪化する例が多いと感じると。大阪府からだされたデータが紹介されていて、重症者の50代以下の割合が第3波では17.5%であったのが今回の波では25%、発症から重症化までの日数が早く第3波が平均8日だったのに対して第4波では7日、さらに変異株ではさらに早く6.5日とされる。つまり重症化が早い傾向にあり、自宅待機とされる若い人の中で急変する人を見落とさないようにし早く増悪する兆候をつかむこと、また重症者ベットを早く回転させる必要があるということであろう。

これまでは変異型の人の退院基準はPCR2回陰性というCOVID-19流行の初期の頃のものになっていたようであるが、病床ひっ迫傾向のため4月8日付で厚労省が通達をだし、発症日から10日経過し症状回復から72時間後で退院可能となった。
神奈川県の先日の会議でも、神奈川でも第4波の兆候がみられるといっていた。感染者における若年者の割が増えて高齢者の割合が減ったあとで波がくるという。ゴールデンウイークの頃に急激な波がくるのか・・・。またあの1月の状態がくるかと思うと心中穏やかではいられない。

病気のお問い合わせはこちら

月別投稿一覧

ブログ内検索

  • JCI認証取得
  • [心臓血管外科]後期研修終了予定の若手医師募集!
  • 徳洲会グループ共同治験審査委員会
  • 徳洲会グループ共同倫理委員会
  • 未来医療研究センター
  • [徳洲会]医師・看護師人材センター
  • 職員専用講習会受講システム

PAGE TOP