診療科紹介

ホーム > 診療科紹介 > 看護部 > 院内教育研修

院内教育研修新人看護師の学習プログラムや学習支援体制についてご案内

年間プログラム

教育目標

自ら学ぶことができる看護師を育成しよう

  1. ラダー別教育研修参加率100%を目指す
  2. 研修評価基準を明確にできる
  3. 教育を実践につなげることができる

前期

ラダーレベル 対象 4月 5月 6月 7月 8月 9月
看護師長・主任・副主任 別紙 別紙 別紙 別紙 別紙 別紙
院外研修・学会
グループ内上級研修
別紙 別紙 別紙 別紙 別紙 別紙
教育研修 講義
「セルフモニタリングとセルフマネジメント(仮)」(講義)
(4月)
講義/グループワーク①
「専門職としてあるべき姿」
(Aグループ)
(5月)
講義/グループワーク①
「専門職としてあるべき姿」
(Bグループ)
(6月)
業務改善発表
教育研修 リーダー振り返り研修①
(今年度リーダー導入看護師)
(5月)
疾患別講義 講義
「心不全患者教育の根拠」
(講師)
(4月)
ケースレポート ケースレポート説明会
テーマ:「患者教育」
(4月)
講義:ケースレポート書き方
(講師)
(5月)
教育研修
(~9月時間内で実施)
各所属部署へ配属 3ケ月振り返り研修:困ったこと、学んだこと(5月) 安全管理:(医療安全管理者)
事例を基にしたインシデント防止対策(6月)
コミュニケーション技術(グループワーク)
(7月)
疾患別講義
  • 心電図モニターの見方①(業者)(4月)
  • 心電図モニターの見方②(業者)(4月)
心電図モニターの見方③
(テンポラリーペースメーカーを含む)
(業者)(4月)
NPPV、ASVの基礎知識(ME)
(5月)
技術研修 技術演習(約1週間程度) ローテーション研修 各所属部署へ配属後OJTへ 気管内挿管の介助(5月) CV挿入の介助(6月) ドレーンの管理(7月)
課題学習時間
(前後で報告が義務)
4月中:別紙予定表に沿って 半日/月 半日/月 半日/月 半日/月 半日/月
イベント(企画・運営) 新人看護師到達目標評価(7月)
プリセプタ―連絡会 プリセプタ―研修 連絡会 プリセプタ―フォロー研修 連絡会
全レベル 倫理研修
認知症看護
※ラダーレベル別進捗状況把握 ※ラダーレベル別進捗状況把握 ※ラダーレベル別中間評価提出

後期

ラダーレベル 対象 10月 11月 12月 1月 2月 3月
看護師長・主任・副主任 別紙 別紙 別紙 別紙 別紙 別紙
院外研修・学会
グループ内上級研修
別紙 別紙 別紙 別紙 別紙 別紙
教育研修 グループワーク②
「専門職としてあるべき姿」
(Aグループ)
(11月)
グループワーク②
「専門職としてあるべき姿」
(Bグループ)
(12月)
業務改善発表 業務改善発表会(院内)
教育研修 リーダー振り返り研修②
(1月)
疾患別講義
ケースレポート ケースレポート提出 ケースレポート発表会①
(11月)
ケースレポート発表会②
(12月)
教育研修 6ケ月振り返り研修:困ったこと、学んだこと(9月) 1年振り返り研修
「私の看護観」ケース発表会(12月)
疾患別看護研修 循環器疾患と看護①
(講義)
(8月)
循環器疾患と看護②
(講義)
(9月)
IABP、PCPSの基礎知識(ME)
(10月)
技術研修 死後の処置(8月)
課題学習時間
(前後で報告が義務)
半日/月 半日/月
イベント(企画・運営) 6ヶ月懇親会(院内)
(8月)
新人看護師到達目標評価(1月)
プリセプタ―連絡会 連絡会 連絡会 連絡会
全レベル ※ラダーレベル別進捗状況把握
★新クリニカルラダー検討
※ラダーレベル別進捗状況把握
★新クリニカルラダー検討
※ラダーレベル別進捗状況把握
★新クリニカルラダー検討
※ラダーレベル別進捗状況把握
★新クリニカルラダー検討
※ラダーレベル別年間評価提出
★新クリニカルラダー検討
★新クリニカルラダーアナウンス

学習支援組織

葉山ハートセンター新人看護師 学習支援組織

院内教育計画

葉山ハートセンター 新卒新人学習プログラム

葉山ハートセンターの看護部全体の教育プログラムはラダーシステムになっています。
入職時の準備学習から始まり、レベルⅠの新人看護師からレベルⅣのエキスパートまで積み重ねて学習していきます。
看護部全体が葉山ハートセンターのエキスパートナースを目指して学習を継続しています。
新人看護師は、そのための第一段階として、1年間の学習プログラムにそって学んでいきます。

新人看護師の1年間の学習目標

  • 葉山ハートセンターおよび看護部の理念を理解し、組織人としての基本的姿勢と看護技術を身につけることができる。
  • 医療現場で必要なマネジメント能力を身につけることができる。
  • 1年の学習を通して葉山ハートセンターのキャリアラダーレベルⅠをクリアすることができる。

参考資料

葉山ハートセンター 既卒新人職場適応プログラム

他病院で1年以上の臨床看護経験があり、葉山ハートセンターに入職した看護師に対しては、「既卒新人職場適応プログラム」を基に所属するすべての職員が協力し、職場適応とキャリア開発に向けた支援を行っています。
既卒新人看護師は日々の実践とプリセプターによる指導、集合教育、面談、ケーススタディを通して、6ヶ月を目標に葉山ハートセンターにおけるラダーレベルⅠの実践能力の習得を目指していきます。

既卒新人看護師の6ヶ月の教育目標

  • 葉山ハートセンターおよび看護部の理念を理解し、葉山ハートセンターの看護職員として基本的姿勢と看護技術を身につけることができる。
  • 葉山ハートセンターで必要なマネジマント能力を身につけることができる。
  • 6ヶ月の学習を通して葉山ハートセンターのキャリアラダーレベルⅠをクリアすることができる。

既卒新人計画表

既卒新人計画表

既卒新人看護師の主な看護参加の進め方

入職後時期 進め方
1週間

オリエンテーション後から、およそ2日間の張り付き見学参加の提案

  • 担当するスタッフはひとつひとつの行動に説明を加える。
  • この期間は既卒新人をスタッフとして見なすことはしない。何かを依頼する場合は既卒新人ではなく他のスタッフ。
  • 不測の事態が発生し、既卒新人がスタッフとして看護参加せざるを得なかった場合は終了後のフォローを忘れない。
  • 既卒新人から直接的な看護参加の希望があった場合はどんなことでも一緒に行う。
~3ヶ月目
  • 職場における看護参加をプリセプターの指導のもと見学、一部実施、1人で実施まで段階的に進めていく。
4ヶ月目
  • OJTにより看護経験を進め、一連の看護参加について自分で振り返るために、日勤のシャドウイングを実施する。シャドウイングされる先輩看護師の選定は本人、教育委員、実践指導者、師長が相談して決定する。
6ヶ月目
  • ラダーレベルⅠのチェックをし、学習状況を把握する。
  • プリセプターシップの期間は既卒看護師の場合6ヶ月間であるが、ラダー習得状況や、本人の不安の程度、態度形成等の状況によってプリセプターの担当する期間を1年間に延長する。

2015年度 既卒新人向け集合教育研修の内容

時期 内容
4月
5月
  • 基本的解剖生理:「モニター心電図の見方Ⅰ(心電図の基礎・代表的な不整脈波形)」
6月
  • 疾患別看護:「虚血性心疾患(12誘導の基本、AMI、AP)」
7月
  • 疾患別看護:「弁膜症(AS、AR)」
  • 疾患別看護:「弁膜症(MR・MS・TR)」
8月
  • 疾患別看護:「心筋症(DCM・HCM)」
9月
  • 手術前後の看護:「大血管術前後の看護」

PAGE TOP