診療科紹介

ホーム > 診療科紹介 > 不整脈センター > 除細動器(ICD/CRT)

除細動器(ICD/CRT)致死的な不整脈を防ぐための医療機器です。

除細動器とは?

重症な不整脈について、おもとして失神による突然死を防ぐために用いられるのが除細動器と呼ばれる医療機器です。体内に植え込まれた除細動器が常に心拍を監視し、細動が起きた際には電気ショックを与えて電気の流れを一律に正すことによってこれを止めます。ペースメーカーの役割である両心室のペーシングも合わせて果たすタイプも存在します。

対象疾患
その他の治療方法

植込み型除細動器の働き

心臓の状態を監視 常に心拍を監視して、必要に応じて下記の治療を行なう
抗頻拍ペーシング 心室頻拍に対して、それより少し早い周期で電気刺激を送る
カルディオバージョン 抗頻拍ペーシングが有効でなかった場合、心拍に同期したタイミングで電気を送って心室頻拍を止める
除細動 心室細動が起こった際、速やかにこれを停止させるため高出力の電気ショックを送る

植込み型除細動器のタイプ

ICD 植込み型除細動器(Implantable Cardioverter Defibrillator)
CRT-D 両心室ペーシング機能を兼ね備えたタイプ

除細動器の電池寿命

除細動器もペースメーカー同様、電池寿命によって本体を交換する必要がありますが、個々人によって作動率に違いが大きいために、その期間が一定ではありません。早いケースでは1年間保たないこともありますが、カテーテルアブレーション治療の後は細動が起きる回数が大幅に減少し、それに応じて除細動器の作動率も下がるため、その電池寿命は長くなります。