診療科紹介

ホーム > 診療科紹介 > 心臓血管外科 > 下肢静脈瘤

下肢静脈瘤血液が脚で滞ってしまい、静脈が伸びたり膨れてしまったりする病気です。

下肢静脈瘤とは?

血液がきちんと心臓へ戻らずに脚の静脈内に滞ってしまうことによって、静脈が伸びたり曲がったり、膨れてしまうことを指し、静脈弁や脚の筋肉の衰えが主な原因であることが多い病気です。出産を経験した女性や、立ち仕事に従事する方に多く、脚の表面がボコボコト膨れて見えるほかに、立っていると脚がだるい、重く感じるといった症状や、かゆみ、ひどく悪化した場合は潰瘍がみられることもあります。

下肢静脈瘤を患いやすい人

女性、高齢、妊娠・出産、遺伝、肥満、職業(立ち仕事)

下肢静脈瘤の症状

軽い ← 症状 → 重い
脚の重さやだるさを感じる 血管が蜘蛛の巣状に浮いて見える 脚の表面、血管がボコボコ膨れている 色素の沈着や潰瘍が見られる

治療の方法

症状の軽い場合は、弾性ストッキングを着用することで改善されます。これは、強めのストッキングで脚を締めつけることによって、衰えた筋肉の血を送り出す働きを助け、脚の静脈に血が留まってしまうことを防ぐものです。
現在は高周波(ラジオ波)やレーザーによって、静脈を焼いて塞いでしまう治療方法が多く取られています。これは血管に専用の細い管を差し込むだけで済むもので、大きく切開するような手術ではありません。

圧迫療法 弾性ストッキングによって筋ポンプ作用を助け、鬱滞を防ぐ
高周波(ラジオ波)・レーザー治療 静脈をラジオ波やレーザーで焼き、塞ぐ
手術 鼠蹊部と膝の内側を切り、ワイヤーを通じて静脈を引き抜く

重い症状ではない場合でも、夏場のファッションや温泉などで人目についてしまうことが気にかかるといった悩みが、この病気にはありえます。そのため、より短期間に治療を完了するために、希望に応じて手術を採るケースもあります。

PAGE TOP