ハートブログ

ホーム > ハートブログ > 葉山リバイバルプランのスタートです。

葉山リバイバルプランのスタートです。

[ 葉山ハートリバイバル ]  院長 田中 江里

2017.07.03

IMG_5933

 長年勤めた湘南鎌倉総合病院からこちらに院長として赴任したのが1か月前の6月1日。それから早くも1か月たちました。血液内科医である私がどうしてまた一番心疾患とは縁が遠いはずなのに葉山ハートセンターに?とよく首を傾げられます。
 時代とともに医療も経営も変化が必要です。循環器医や心臓外科医ならだれもが知る葉山ハートセンターを、地域医療をとりいれながら経営改革するために私はやってきました。多くの人とお話しをし、地域を回り、実行可能なプランをたて、1か月の間準備を進めてきました。本日からいよいよそれを実行に移す記念の日です。

 

(1)1次救急の受け入れ

本日から月曜日から金曜日までの日中AM8時半から午後4時半までの救急診療、時間外診療を受け入れます。当院には通常の外科診療は行っておりませんでしたが、夏場、海岸でけがをされたかたも受けることができます。この1次救急は、これまでの院長も実現しようとして継続することができませんでした。これをまずは時間帯は区切られますが確実に提供できるサービスとして定着させ、できれば時間帯ものばしていきたいというのが願いです。

 

(2)内科系の入院の受け入れ

病院のない逗子・葉山の方々は、入院が必要であると鎌倉や横須賀に搬送されています。重症患者は高度急性期病院での診療が望ましいですが、すべての入院患者には適応ではありません。家族が通うにも便利な地元の病院で入院ができたら・・・というニーズも多いはずです。高齢者の発熱や脱水、食欲低下、軽症から中等症の肺炎などの感染症などをうけていきたいと思います。

 

(3)人間ドックの充実

質の高い、経験ある内科医がその後の面談、フォローまでしっかり行うドックを再開しました。

 

 

これらが実行に移せるのも自分ひとりではできません。大変な中この病院に残ってがんばってくれているスタッフのおかげでもあり、また手を差し伸べてくれている湘南鎌倉総合病院の方々のおかげでもあります。私はこの病院のスタッフの潜在能力を信じています。一人ひとりの力を伸ばせるように皆を導いていきたいと思います。
 都知事選で大勝利をおさめた小池都知事、大河ドラマで活躍する<直虎>をみながら自分に重ね、女子だけどがんばれる勇気がわいてきます。これからの葉山ハートセンターにどうぞ期待してください。

PAGE TOP