平成27年度 医療法人沖縄徳洲会 葉山ハートセンター 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - - - 32 72 169 466 639 415 62
平成27年度の退院患者数を入院時の年齢で年代別に割り振っております。
当院は心臓病専門の単科病院(小児を除く)のため、年代に偏りがでています。
中でも後期高齢者を含む80歳以上の患者さんの割合は、全体のうち約25%を占めており、患者層の高齢化が進んでいることが分かります。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2 なし 405 7.42 5.68 0.25 66.9
050070xx99000x 頻脈性不整脈 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 300 2.89 7.26 0 70.42
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 239 2.31 3.07 0 69.91
循環器内科では、頻脈性不整脈(心房細動・心房粗動)によるカテーテルアブレーション治療での入院が最も多い。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 41 16.61 18.30 0 73.66
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 38 45.89 25.69 0 70.97
050050xx0101xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 心室瘤切除術(梗塞切除を含む。) 単独のもの等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 1あり 12 31.33 23.57 0 69.58
心臓血管外科では、心不全の治療が最も多く、次いで弁膜症(僧帽弁・大動脈弁等)の手術が多い。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - 5 13.64 0 73
腎臓内科は慢性腎不全(透析患者)の治療を中心に行っております。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - - 1
大腸癌 - - - - - - 1 7
乳癌 - - - - - - 1
肺癌 - - - - - - 1
肝癌 - - - - - - 1
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院に入院し、がん診療を受けた5つの代表的がん疾患(5大がん)の診療情報の指標。
はじめての治療(初発)時のがんの進行度(Stage;ステージ)と再発で治療を受けた患者数を集計した。
当院は、心臓疾患治療専門病院であり、がん診療はしていないため、件数計上はありません。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 - 0 0
重症度 1 - 8.5 54.5
重症度 2 - 10.4 84.8
重症度 3 - 9.5 84.5
重症度 4 - 0 0
重症度 5 - 0 0
不明 - 0 0
日常生活をしていた人が発症した肺炎(市中肺炎)の重症度を見た指標となります。
入院中に発症した肺炎(院内肺炎)を別にし、市中肺炎の入院患者数等を見た。
重症度2が最も多く、平均年齢は84.8歳となっている。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - 2.67 62.33 0
その他 - 0 0 0
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - 0 0 0
その他 - 0 0 0
I63$ 脳梗塞 3日以内 - 2 78 0
その他 - 0 0 0
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - 0 0 0
その他 - 17 49 0
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - 2 61 0
その他 - 0 0 0
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - 0 0 0
その他 - 0 0 0
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - 0 0 0
その他 - 0 0 0
脳梗塞を国際的な疾病など分類(ICD-10分類)に基づき、入院患者数を見た指標。
一過性脳虚血発作および関連症候群による入院患者数がもっとも多く、平均年齢は62.33歳、リハビリ病院等への転院率は0%であった。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術 心房中隔穿刺又は心外膜アプローチを伴うものに関係する処置・手術 335 1.36 5.63 0 67.43
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のものに関係する処置・手術 88 0.73 2.9 0 70.53
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術 その他のものに関係する処置・手術 66 1.36 2.89 0 64.08
循環器内科では手術件数上位3位の内、心房細動に対するカテーテルアブレーション術が70%を占める。
その他狭心症や心筋梗塞に対するカテーテル治療が17%、心房頻等に対するアブレーションが13%となっている。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5551 弁置換術 1弁のものに関係する処置・手術 28 7.07 40.25 0 72.71
K5552 弁置換術 2弁のものに関係する処置・手術 11 8.09 56.64 9.09 74.64
K552-22 冠動脈、大動脈バイパス移植術(人工心肺を使用しないもの) 2吻合以上のものに関係する処置・手術 - 5.22 18.78 0 70.44
心臓血管外科では手術件数上位3位のうち、弁膜症に対する手術が74%を締める。
その他狭心症や心筋梗塞に対するバイパス術や大血管疾患の手術が13%となっている。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - 0
異なる - 0
180010 敗血症 同一 - 0
異なる - 0
180035 その他の真菌感染症 同一 - 0
異なる - 0
180040 手術・処置等の合併症 同一 - 0.16
異なる - 0.05
入院医療費の支払制度(DPC包括医療費支払制度)から見た入院患者数と保険請求した患者割合の指標。
入院の合併症として代表的な、会計上使用するDPC分類から4つ患者数等を集計。
なお、『180040手術・処置等の合併症』は、国際的な疾病等の分類(ICD-10分類)の表現を
用いた分類表現であり、主病名の治療よりも入院中に他の合併症の医療資源が優先された分類であり、当院は0.21%であった。
更新履歴
9/30
病院情報の公表を掲載