心臓病症状と治療

ホーム > 心臓病症状と治療 > 心房細動

心房細動頻脈性不整脈のひとつで、心臓から十分に血を送り出すことができなくなります。

心房細動とは?

心房が洞結節からの信号ではなく、心房、おもとして左房にある肺静脈あたりから発する電気信号によって不規則に収縮し、心臓から十分に血を送り出すことができなくなる頻脈性不整脈のひとつです。

心房細動と心房粗動の違い

この2つは、心房の昂奮回数と電気信号の発生・伝わり方の違いで区別されます。心房粗動は右心房の三尖弁輪のまわりから電気信号が生じ、心房細動のそれが不規則であるのに対して、その脈拍数は通常、規則的になります。

原因や関わりの深い病気

心房細動を起こす代表的な心疾患としては弁膜症、特に僧房弁狭窄症や僧房弁閉鎖不全症が挙げられますが、こうした心疾患が特になくとも、加齢が原因によって発生することも多くあります。

原因や関わりの深い病気

治療の方法

心房細動のきわめてリスクの大きな合併症として、心房内に血栓ができ、これが原因となって脳梗塞を引き起こすおそれがあります。これを防ぐために抗凝結薬などが用いられますが、薬効には限界があるため、多くのケースにおいてカテーテルアブレーションが第一の治療法です。

治療方法

PAGE TOP