心臓病症状と治療

ホーム > 心臓病症状と治療 > 心房粗動

心房粗動頻脈性不整脈のひとつで、心房の壁が震えて血液を十分に送り出せなくなります。

心房粗動とは?

頻脈性不整脈のひとつで、洞結節から発せられた電気信号が心房内の三尖弁輪のまわりを回っている状態に陥り、心房の壁が震えて心臓から血液を十分に送り出すことができなくなります。

心房粗動と心房細動の違い

よく似ていますが、この2つは心房が昂奮する回数と、電気信号の発生するところや伝わり方で異なります。心房細動の場合はおもに左房の肺静脈周辺からの電気信号によって収縮、脈拍数は不規則になりますが、心房粗動の場合は規則的に表れます。

原因や関わりの深い病気

心臓弁膜症や心筋症、心臓肥大といった心臓の病気を持っている場合に多いとされていますが、こうした疾患がなくても生じる、特に検査に異常が見られないといったケースもあります。

原因や関わりの深い病気

治療の方法

心房細動同様に、心房粗動も血栓ができることによる脳梗塞のおそれがあります。原因となる電気回路が明らかなこともあり、この不整脈にはカテーテルアブレーション治療が非常に効果的で、再発のおそれも合併症のリスクもきわめて低いものです。

治療方法