心臓病症状と治療

ホーム > 心臓病症状と治療 > 心筋症

心筋症心臓の壁が厚くなったり、逆に薄くなってしまう病気です。

心筋症とは?

心臓の壁が厚くなってしまったり、逆に薄くなってしまったりする病気の総称で、肥大型心筋症、拡張型心筋症、拘束型心筋症、不整脈原性右室心筋症などに、形態や異常の表れ方から分けられます。

拡張型心筋症 心室・心房の容積が膨らみ、拡大・縮小の機能障害を起こす
肥大型心筋症 心筋が肥大して心室壁が厚くなり、左心室が拡張しにくくなる
拘束型心筋症 左心室の拡張に問題あり、肥大型と違って肥大・拡張が見られない
不整脈原性右室心筋症 右室心筋が局所的に脂肪変性・線維化し右室の拡大や異常を起こす
分類不能型 上のどれにもあてはまらないもの

原因や関わりの深い病気

遺伝子やウイルス、免疫の問題など、原因は数多く考えられ、ほとんどのケースで明らかになりません。致死性の不整脈や心不全を起こしたり、これによって血栓が生じ、脳梗塞を至る場合もあります。

原因や関わりの深い病気

治療の方法

原因が明らかでないケースが多いため、病状の進行を防ぐ薬物療法が中心的に行なわれます。拡張型心筋症については左室形成術、補助人工心臓の植込み術、心臓移植といった外科手術があります。

治療方法

PAGE TOP