心臓病症状と治療

ホーム > 心臓病症状と治療 > 心臓弁膜症

心臓弁膜症心臓の弁が壊れ、血液の出入りが阻まれたり、逆流が起きる病気です。

心臓弁膜症とは?

心臓にある弁の働きが損なわれる病気の総称で、血液の出入りが阻まれる狭窄症、逆流が起きてしまう閉鎖不全症のふたつがあり、それぞれ僧帽弁、三尖弁、大動脈弁、肺動脈弁の4つの弁と合わせて区別されます。

状態 症状 治療方法
弁狭窄症/血流が阻まれる 僧帽弁狭窄症 弁置換術で治療
三尖弁狭窄症
大動脈弁狭窄症
肺動脈弁狭窄症
弁閉鎖不全症/血液が逆流する 僧帽弁閉鎖不全症 弁形成術で治療
三尖弁閉鎖不全症
大動脈弁閉鎖不全症 弁置換術で治療
肺動脈弁閉鎖不全症 弁形成術で治療

原因や関わりの深い病気

先天性のものも含めてさまざまな原因があり、特定できないケースも多く存在します。かつてはリウマチ熱の菌による感染症が原因の弁膜症がありましたが、これは抗生物質の普及により、現在はほとんど見られなくなりました。

原因や関わりの深い病気

治療の方法

薬物による内科的治療と、弁の形を修正し働きを取り戻す弁形成術、人口の弁と取り換える弁置換術といった外科手術があります。状態や弁の種類、狭窄症か閉鎖不全症かといった違いで、治療法は異なります。

治療方法