ハートブログ

ホーム > ハートブログ

ハートブログ葉山ハートセンターのブログです。症例や治療方法、疾患、スタッフの声などをお知らせいたします。

地域に必要とされる環境

[ 内科 ]  当院からのお知らせ

2017.12.03

 地域のために、 困っている患者さんに対する入院診療と外来診療を提供するのは容易なことではない。    様々な症状、様々な疾患を机でいくら勉強しても、初めての経験の時には上手に対応することは [続きを読む]

まず診ること

[ 内科 ]  当院からのお知らせ

2017.11.22

   検査は重要。検査によって診断が確定して、 適切な治療につながる。 検査によって診断が変わることもしばしばある。  しかし、検査はあくまで診断の確認という位置づけ。 検査に頼って患者さんを診ないと [続きを読む]

アルツハイマー型認知症の早期診断 アミロイドPETの講演会

[ 内科 / 病院行事 報告 ]  当院からのお知らせ

2017.11.15

11月14日午後3時から院内の講堂で、湘南厚木病院の畑下鎮男先生をお招きして、アミロイドPETによるアルツハイマー型認知症の早期診断の講演会を開催した。誰もが自分が認知症になって迷惑をかけるのだけは避 [続きを読む]

Novartis 主催のOrange seminarに参加してきました。

[ 人工知能、ロボット 新技術 / 院長個人 ]  当院からのお知らせ

2017.11.13

院長になって初めて参加したセミナーです。通常製薬会社さんは自分の売る薬剤に対しての勉強会は開催するものですが、全く異なる医療経営や先端技術に関するセミナーでした。日曜日唯一の体を休める日だけど、おもし [続きを読む]

教えることは学ぶこと

[ 内科 ]  当院からのお知らせ

2017.11.10

              「上手に教えるのにはどうしたらよいですか?」   自分より後輩と接すると、そう質問する人がいる。 上手 [続きを読む]

働けるまで働くことは、人に対して与える側に立ち続けること

[ 院長個人 ]  当院からのお知らせ

2017.11.07

外来を長くやっていると思うことがある。70歳超えても80歳超えても仕事をもっている人は若いということだ。身なりもそして発言もである。ぼけたら働けないから、それは仕事もっているから若いのではなく、ぼけて [続きを読む]

ERの先生達

[ 内科 ]  当院からのお知らせ

2017.11.03

                 こんにちは。  天気の良い日曜・祝日は、海にたくさんの方がでているのが見えます。  こ [続きを読む]

誰かに託してそして生き続ける一粒の麦

[ 院長個人 ]  当院からのお知らせ

2017.11.01

曽野綾子氏の本に紹介されていた聖書の言葉から。 <一粒の麦は、地に落ちて死ななければ、一粒のままである。だが、死ねば、多くの実を結ぶ>  同じような話があったなと考えてふと思い出した。中国の作家でえん [続きを読む]

看護師による ”よろず相談窓口” in 葉山ハートセンター

[ 未分類 / 葉山ハートリバイバル ]  当院からのお知らせ

2017.10.31

政府は入院医療から在宅医療にもっていこうとしている。私も入院医療をやってきた医療者であるが、ここ葉山ハートセンターにきて病院改革に取り組みながら、地域のニーズをより近い場所で広い上げるためにも、またす [続きを読む]

画像診断レポートの見落とし

[ 未分類 ]  当院からのお知らせ

2017.10.31

ある病院でおきた<がん見落とし>が記事になっていた。心臓外科の先生がCT検査をして、その画像診断レポートにはに膵臓がんの疑いと記載があったのにそれを見落とし治療が遅れたというものであった。<他人 [続きを読む]

診療、介護報酬 6年ぶり同時改定

[ 未分類 ]  当院からのお知らせ

2017.10.31

2018年度は診療報酬、介護報酬の同時改定が6年ぶりに行われる年であり、厚労省がその改定の検討に入ったためこのところ新聞でもこの話題が頻繁にあげられています。病院の運営においてはこの報酬改定により今後 [続きを読む]

富士山 今年初冠雪

[ 富士山 / 未分類 ]  当院からのお知らせ

2017.10.26

              葉山ハートセンターからの眺めは本当に最高であります。本日は朝やけの中、逗子の海岸線ぞいを運転していたら [続きを読む]

放射線治療とあとで出てくる心臓疾患

[ 内科 / 未分類 ]  当院からのお知らせ

2017.10.26

乳がんやリンパ腫の治療などで、胸部に放射線治療を受けると将来的に虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞)などが増加することは有名な医学雑誌でも紹介された(N Engl J Med. 2013, 368(11) [続きを読む]

がんサバイバー ホジキンリンパ腫 固形がんの発症

[ 内科 / 未分類 ]  当院からのお知らせ

2017.10.26

がんサバイバーのお話しをいくつかしてきたが、ホジキンリンパ腫の人のデータが多くでている。ホジキンリンパ腫治療後に発症する固形がん(血液がんでないもの)は、肺がん、乳がん、消化管がん、悪性黒色腫、皮膚が [続きを読む]

がんサバイバー 2次発がんの問題 抗がん剤で治療した人

[ 内科 / 院長個人 ]  当院からのお知らせ

2017.10.26

抗がん剤といわれる細胞を障害する薬で治療をうけた人は、急性骨髄性白血病や骨髄異形成症候群、骨髄増殖性疾患になるリスクをもっています。全員がなるわけではありません。その投与量やメニューによっても頻度は異 [続きを読む]

1 / 3123

PAGE TOP