ハートブログ

ホーム > ハートブログ > 正月読書3 老後破産 

正月読書3 老後破産 

[ 読書 ]  当院からのお知らせ

2018.01.04

DSC08262

正月は家族が集まる機会、でもその家族もいないでさみしい人も大勢いる。
寝正月を過ごしながらその人たちはどう暮らしているのだろうと思いながらNHKスペシャルの取材した本に目を通した。

生活保護の人たちに対しての風あたりも強い。
制度上の問題もある中で、わずかな貯金や資産があるために、生活保護の申請がままならない人、わずかな貯金も減るのをゆっくり忍び寄る影のようにおおそれながら暮らしているひと。現実の話として知り合いのソーシャルワーカーさんにもそのような話をきいたことはある。そのような方々も私と同じような年代には、仕事も充実して一生懸命働いていた人たち。とても20年後にこうなるなんて想像もしていなかったと皆いい、寝たきりなのではないのに、生きていたくないと口々にいうという悲しい現実が日本にはあるのだ。貧しい子供たちだけではない。働いてきた人たちもだ。個人責任論にしてはならないだろう。私だってひとたび脳梗塞にでもなり働けなくなれば社会的弱者に転落だ。同じような状況は誰だって可能性があるだろう。たとえ子供がいたってたくわえがあったって、全然心配のない人はいないのではないか。そういう弱者の人は病院にくるのだって大変なので、病院に働いているだけではみえていないことがまだまだあるであろう。当院では無料相談窓口を開設した。今後はそういう人たちのカフェではないが、集まる場所などを作っていけたらいいと思う。

PAGE TOP