ハートブログ

ホーム > ハートブログ > 正月の読書2 40代になったら・・・

正月の読書2 40代になったら・・・

[ 読書 ]  当院からのお知らせ

2018.01.04

もう40代は終わってしまったが、<40代でシフトする働き方の極意>佐藤優氏の最新作を読んだ。物を書き続けている人の知識のインプットにはいったいどのくらいの時間をかけているのかと思うが、あいかわらず公文式の数学を勉強したり、何時間も学習という時間があってすごいと思う。勉強が習慣化している人とそうでないものには人生で膨大な差がでてしまうものだ。
さてその本の<40代からの時間の使い方と学び方>という章の中では、時間というものについて<機会費用><機会損失>という意識をもつことをすすめています。何に時間を使うと一番効率よく収益をあげられるか?そういう時間に対してのプライオリテイを持てということです。賃金労働者(つまり我々医師もそうですが)基本的には自分の労働力を売るしかないといいます。その通りだわ。ネットである医師が、本当にこれだけ税金とられることがわかっていながら当直やって自分の時間、家族の時間を引き換えに働きますか?と書いてあったこともそれを述べているとも言えますね。1日1-2時間のインプットの時間を確保すること、SNSやメールなどの時間泥棒からどのように自分を守るか、他人にもその意識(相手の時間を奪っているという意識)をもつことと書かれています。また、どこかでエネルギーを蓄える時間を作るようにすることで結果的に仕事も長続きするとアドバイスがあります。確かにこの7か月ひた走りに走ってきて最期にインフルエンザで倒れてしまった、体を休める時間を半ば強制的にいただいた感じです。

DSC08239

PAGE TOP